【ヒーローニュース】極楽とんぼ山本氏が10年ぶりに地上波に登場。~ヒール(悪役)の中にもヒーローがいたという話~

私事ですが、この2、3週間人生で初めてといっていいほどの忙しさを経験しました。殺人的スケジュールってやつです。

引っ越し・新たな出会い/仕事/生活がスタート

前回の投稿でお話ししましたが、理想的な仕事に就くことが出来、それにともない契約、引っ越しなど様々な用事や出来事が発生、すごく充実した日々を過ごしています。

どこにいても仕事が出来るようにとノートPCも購入。仕事で使うということもありセットアップやセキュリティ対策もじっくりと時間をかけておこないました。

さて、そんなこんなで充実した日々を送っていたのですが、その分、SNSのチェックは煩雑になり、投稿はほとんどなし、ブログの更新もできていませんでした。※ようやく落ち着いてきたので、そろそろまた投稿、更新を再開します!

久しぶりのヒーローニュースは意外なところから

そういったこともあり、TVを見る時間などももちろんなし。

ツイッターを見ていて、たまたま本日のタイトルでもある『極楽とんぼ山本氏が10年ぶりに地上波に登場』 というニュースを知り、急きょブログ記事を書いたというわけです。

なぜこのテーマを取り上げたかというと・・・。

僕は特に『極楽とんぼ』や山本氏のファンということはありません。ですが、山本氏が不祥事を起こし芸能界の表舞台を追われるようになって以来、その人望の厚さに強い関心を持たずにはいられなかったからです。

なぜこんなに人望が厚いの!?

コンビとしての人気絶頂帰に一人が芸能界の表舞台から去ることに・・・。残された加藤氏がそれまでのような人気を一人で維持し続けることは難しいだろうとささやかれていました。

しかし、加藤氏はそれら下馬評を見事に覆します。

個人で活動するようになってからというもの、キャスターや司会者など活動の幅を広げ、それまで以上に大活躍するようになりました。もはや『極楽とんぼ』の肩書など必要としない程に。いや、むしろ不祥事を起こした相方の存在がうっとうしく感じるのではないかと思われるほどでした。

しかし加藤氏は極楽とんぼを解散するどころか、自らの肩書『極楽とんぼ 加藤』から、”極楽とんぼ” というコンビ名を外すことはありませんでした。

同様に活躍を続ける後輩『ロンドンブーツ1号2号の田村氏』『ココリコ遠藤氏』なども、極楽とんぼ山本氏の復帰を呼びかけ続けていました。

この人望の厚さは一体どこから来ているのか。

普通、人々は芸能界に限らず、不祥事や問題を起こした人物との関わりを隠したがるものです。自分にとってのメリットなど何もないので、距離を置くようになります。それがこの山本氏に限っては、皆が復帰を待ち望んでいるようでした。

確かに不祥事を起こした人物をヒーロー扱いするのはどうかと思います。しかし山本氏の問題には少々不明な点もあるので、僕自身は、それほど山本氏を糾弾しようという気にはなれずにいました。(頼ってきた後輩をかばったことで逆恨みされハニートラップにかけられたとか、被害者とは同意の元での行為だったとか、被害者が未成年だとは知らなかった、とか色々な噂もありました。) ※本投稿は山本氏の復帰の是非や罪の重さを問うものではありませんので、この点については、ここで議論するつもりはありません。

(不祥事のことは別にして)、極楽とんぼの2人は『僕が目指すヒーロー』的な存在なのです。

友達を大事に思う、その男気

山本氏の人望の厚さもさることながら、その相方の加藤氏の男気の強さにも感銘を受けました。

以前どこかの番組で加藤氏は、『友達を裏切らない』だったか『友達を助ける』ということを座右の銘としていると語っていた記憶があります。普通、大人になって家庭を持ったりすると、『友達』の存在などあまり重視できないものですよね。

ですが加藤氏は、この座右の銘を見事に実行、証明して見せたのです。

2人の関係を見ていると「自分だったらどうだろう!?」ということを改めて考えさせられました。皆さんもよろしければ、自分自身に照らし合わせ下記のような場面を想像してみてください。

損得(そんとく)ぬきで愛されるその人格。これまさにヒーローの条件

もしも僕が今いる場所を追われることになったら、リスクを冒してでも、かばってくれる友人や知人はいるだろうか。

もしも僕が今いる場所を追われることになったら、リスクを冒してでも、復帰を呼びかけてくれる友人や知人はいるだろうか。

もしも僕の友人が、今いる場所を追われそうになったら、僕はリスクを冒しでも、その友人を守ろうとすることができるだろうか。

もしも僕の友人が、今いる場所を追われてしまったら、僕はリスクを冒しでも、その友人の復帰を呼びかけることができるだろうか。

復帰を呼びかける人も、復帰を切望される人も、ヒーローでヒロインだと思ったので、今回記事にさせていただきました。

結局なぜ山本氏がこれほどまでに愛されるのかは謎なままです(下記記事にもそのようなことが言及されています)が、とにかく僕もこのように愛される人間になるのが目標です。一方で加藤氏のような何歳になっても友達を大切にできる人物になるのも目標です!

加藤浩次 淳や遠藤ら『軍団山本』に感謝「損しかないのに…一枚岩でありがたい」      -出展:デイリーニュース-

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA