【初心者向け】~GmailとThunderbirdメールアカウントの作成~ THUNDERBIRD等メールソフトを複数PCで同期させる方法6

Thunderbirdの同期設定

これまでダラダラと説明してきた『Thunderbirdの同期設定』。ようやく今回から具体的設定方法に入りたいと思います。

まず同期させたいThunderbirdのメールアドレスと、同期設定に必要なGmailアドレスを準備しましょう。※現在既にお持ちのThunderbirdのメールアドレスを同期させたい方は、新たに作成の必要はありません。

ここでは例として、下記を使ったとしましょう。

●Thunderbirdのメールアドレス:tb-douki@hisshi.jp (仮)

●Googleアカウント(Gmailアドレス):gm-douki@gmail(仮)

※下記図のような同期システムを作り出すために、同期設定用のThunderbirdのメールアドレスとGmailのメールアドレスが必要となります。

 

1)Lolipopサーバー(例)で取り込んだメールを通常通りThunberbirdのPOP3設定で一台の端末(PC/スマホ/タブレット等)にダウンロード ※設定した期日後にLolipopのサーバーからメールを削除します。これによりLolipopサーバーがパンクすることを防ぎます。

2)Thunberbirdメーラーのアカウント(tb-douki@hisshi.jp )に取り込んだメールをGmail(gm-douki@gmail)に転送。

3)Thunberbirdメーラー上にGmailアカウント(gm-douki@gmail)を操作できる設定を施す。

4)Thunderbird上に設定したGmailアカウント(gm-douki@gmail)の表示メールアドレスを同期させたいアドレス名(tb-douki@hisshi.jp )に変更する。

Thunderbirdメールの作成と初期設定

まずはThunderbirdメールの作成と初期設定です。

新規にThunderbirdを使用される場合は、下記からThunderbirdをダウンロードします。

●Thunderbird公式ダウンロードページ:
Thunderbird — メールをもっと簡単に。 — Mozilla

既にThunderbirdを利用していて、新たに同期させたいメールアドレスを作成する場合は、下記を参照してください。

Thunderbirdを開き、右上の三本線のようなマークから下記のように開きます。

『三』→『オプション』→『アカウント設定』

開いた画面の左下の『アカウント操作』→『メールアカウントを追加(A)』

すると下記のような画面が現れます。

これまでThunderbirdを使用していなくて、今回新規にアカウント(メールアドレス『tb-douki@hisshi.jp 』)を作成する場合はここから下の設定をしてください。

●Thunderbird自動アカウント設定:
Thunderbird自動アカウント設定

ー下記Thunderbird自動アカウント設定ページより引用ー

ここでは、(プロバイダーがサービスを提供している場合) 受信メールのプロトコルを IMAP と POP から選べます。IMAP と POP は、メールを受信するための標準プロトコルです。最近使用されるようになったプロトコルの IMAP では、受信メッセージをメールサーバーとあなたのコンピューターに同時に保存できます。POP プロトコルでは、受信メッセージはあなたのコンピューターにのみ保存されます。

Thunderbirdでは最近IMAPの設定ができるようになりましたが、ここではPOP3で設定します。※POP3でないと、サーバーにメールのコピーが残ったままとなり、前回の投稿のようにメールの送受信が出来なくなるからです。

Thunderbirdでは下記の登録フォームが出てくると思います。ここに『メール受信者に表示させたい名前』『メールアドレス』および今回のアカウント用に作成した独自の『パスワード』を登録します。

  • あなたのお名前(N): hisshi.jp
  • メールアドレス(L): tb-douki@hisshi.jp
  • パスワード(P): ●●●●●●●●(任意のパスワードを設定)

『続ける』ボタンを押すと「Thunderbirdはあなたのアカウント設定を見つけられませんでした」という表示が出ると思います。

そこで上記図の『受信サーバー』や『サーバーのホスト名』等を下のように書き換えます。

●受信サーバー:POP3
●サーバーのホスト名:※メールサーバーのメール設定ページにログインし、確認。
●ポート番号:995
●SSL:SSL/TSL
●認証方式:自動検出
●SMTP:※メールサーバーのメール設定ページにログインし、確認。
●ポート番号:465
●SSL:SSL/TSL
●認証方式:自動検出

で、再テストのボタンを押すと、今回は

次のアカウント設定が、指定されたサーバーを調べることにより見つかりました

と表示されますので、完了ボタンを押すとサンダーバードのアカウント設定は完了です。

下図のように作成したアカウント(メールアドレス)が受信トレイと共に左側に表示されればOKです。

 

Gmail(Google)アカウントの作成

次にGmailの設定です。ここで作成したアドレスを、複数のPCやスマホからでも操作できるように設定していきます。

※現在使用しているThunderbirdのアカウント(メールアドレス)をそのまま同期させたい場合も、新たに作成したアカウントを同期させたい場合も、基本設定方法は同じです。

まずThunderbird同期のためのGmailを作成しましょう。

ここでは判りやすくGmailのアドレスを

gm-douki@gmail

としました。

新しいGmailを作成するには新しいGoogleアカウントの作成が必要になります。

『Googleアカウント作成』と検索窓に打ち込み、Googleの公式ページよりアカウントを作成します。

Google アカウントの作成

現在Googleアカウント(Gmail)を持っている場合は、そのログインページ下方に『アカウント作成』というリンクがありますので、そこをクリックしても作れます。

アカウントのリンクを開くと、必要な情報の登録を求められますが、指示通り登録するだけで特に設定は難しくありません。

上記の『ユーザー名』の欄に登録した文字列がそのままGmailアドレスになります。

ここでは『gm-douki@gmail』で設定したと仮定して進めます。

これでメール同期設定用のGmailとThunderbirdのアカウントが作成されました。

いよいよ次回はメールの同期設定に入ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA