【体験談】恐怖!肋間神経痛になってしまったようだ 1

これまで聞いたことがあるようなないような・・・その程度の認識だった『肋間神経痛』。

始まりは1週間位前。わき腹に軽い筋肉痛のような張りを感じた。

翌日、チクチク感が少し増していたが、その日は旧友との飲み会があったため、特に気にせず待ち合わせのスポーツバーに。応援しているヤクルトスワローズのリーグ優勝がかかった試合をスクリーンで観戦、酒が進む。

二次会はスポーツバーと同じ建物の2Fにあるダーツバーに。先程のスポーツバーで隣にいた綺麗な20代女子二人組が、ダーツバーでも先客としていてダーツを楽しんでいた。

運命的なものを感じた僕は、酔っていたこともあり、ためらいなく「一緒にダーツやりませんか?」と声をかける。驚くほどあっさり「やりましょう!」といって、僕らの席に合流。ダーツ中にヤクルトが優勝!テキーラのショットが次々と運ばれてくる!最高の気分!

Bluemoon

※画像は1件目のスポーツバーで飲んだ『BLUE MOON』

と、ここまではよかったのだが・・・。

終電の時間が迫り、女性二人組は帰ると言う。僕の記憶は段々薄れていく。彼女たちはFacebookはやっていないらしく(そー言ってた)、電話番号も教えてくれなかった 😥 。

旧友は前日も飲み会やったらしく、その日は酒も抑えぎみで、疲れもみられた。普段なら、男二人になっても、終電が無くなっても、「もう一軒!」となるところが、その日はお開きにすることになった。

お開きと言っても、僕は飲み出すと止まらない。そこから一人でバーや立呑屋を朝まではしご。ほぼ半分の記憶がない。

目覚めたのは翌朝。地下鉄の車内。御堂筋線を端から端まで眠ったまま何往復かしていたらしい。AM11:30頃になっていた。

・・・おっと。このブログにしてはめずらしく、ホンマの日記っぽくなってしまった。

タイトルの話は?肋間神経痛は?という声が聞こえてきそうなので、そろそろ本題に。

そんなこんなで、酷い二日酔いで次の日は夜まで撃沈。ようやく布団からでて、食事をとろうとしたとき、わき腹のチクチク感がヒリヒリ感に変わっていることに気づいた。

以前にも一度味わったことがあるこの、ヒリヒリ・チクチク感。

・・・そうや、毛虫に刺された時や!

あんときも、刺されたと気づいてから4日ぐらい治らんかったな~などと思いながら『ムヒ』をぬってみた。

治らない。

翌日はオロナインをぬってみた。

治らない。

その日の夜はついにヒリヒリが”ジーン”という刺すような痛みに代わってきた。患部は左わき腹。虫に刺されたような跡はなかった。

これはもしかすると、虫刺されではないぞ・・・と思い始めた。

しかし「痛みの感じは内部(内臓)からではないような気がする・・・」「しかし外傷も腫れもないし・・・」

TVをつけると先日亡くなった川島なお美さんや、乳がんになった北斗晶さんのニュースが・・・。

痛みは肝臓や膵臓あたりから来ているのかもしれない。と思い始めた。

普通にしていると特に痛みなども感じないのだが、横になると痛みが出始めたりするようになった。

その日の夜は、布団に入りウトウトし始めると必ず刺すような痛みが走るようになった。なかなか寝付けない。

翌朝4時頃、痛みで目が覚めた。これは、ただ事ではないのかも・・・。

続きは明日!

 

 

「【体験談】恐怖!肋間神経痛になってしまったようだ 1」への2件のフィードバック

    1. Toraさん

      まずは阪神タイガースのクライマックスシリーズ進出おめでとう!
      (ヤクルトは一足先に決めているので、ちょっと上から目線w)

      そうそう、お互いオッサンになってきたから健康には気をつけよなー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA