【所感】登場人物が死んでしまう物語(ストーリー)は邪道か

本日は、『【所感】登場人物が死んでしまう物語(ストーリー)は邪道か』についてお話ししたいと思います。

【本日の結論】

邪道です。・・・終わり。
(前にもこのパターン使ったっけ・・・。)

先日FacebookでもTwitterでも下記の感動話を目にしました。この話、みなさんはどう感じますか?

【感動】カップルがバイクの死亡事故に。彼が彼女にした最期の優しさに涙が止まらない・・・

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

※画像はイメージです。本投稿内容に直接関係はありません。

実はこの話、ネット上で「突っ込みどころが多すぎる」、「作り話だ」と批判されプチ炎上を起こしました。
僕もバイク乗りとして、この話には初めから違和感を抱いていました。と、同時に登場人物が亡くなる感動話(しかも作り話っぽい)に拒否反応も起こしていました。

【違和感の理由は下記】

  • やたら「感動」とか「涙がとまりません」とか、押しつけがましい文字が文中に。
  • 彼氏がこの後すぐ亡くなったのなら、何故、彼氏がその時思っていたことや、途中でブレーキが壊れていることに気づいていたとわかったのか。
  • それほど大切な彼女なら、そもそも何故、ノーヘル・ニケツ(二人乗り)してたのか
  • 怖いほどのスピードで走っているバイク上で、運転者のヘルメットを脱がし、彼女が自分でヘルメットをかぶるなど至難の業。
  • 通常のバイクには、前輪ブレーキをかけるハンドブレーキと、後輪ブレーキをかけるフットブレーキが別々に機能するように付いている。それらが仮に両方壊れたとしてもエンジンブレーキと言うのがあってアクセルを緩めるとスピードが落ちるようにできている。それら全機能が同時に壊れるのは映画か、誰かが殺人を計画していた場合を除き、まず考えられない。

と、クドクド書きましたが、ここまではネット上の批判と大差ないので、このへんにしておきます。

※少し話がそれますが、この物語の文章(内容ではなく、文法的に)、所々おかしいところが見受けられます。もしかすると、「感動する話を作って、ネットで話題になりたい」と思って作ったのではなく、物語と似たような事故にあった方、もしくは何らかの障害のある方が、どうしても世間の人々に、「今、生きている人に想いを伝えることの大切さ」を訴えたくて作った物語だっだったのでは?とふと思いました。そうだとすると、あまり突っ込んだり批判するのはよくなかったのですが・・・(深読みしすぎでしょうか?)。

今回僕が言いたかったのは、この話に限らず、登場人物を死なせることで感動させようとするストーリーは、いずれにせよ邪道やってこと。

僕が思うヒーロー、ヒロインの定義は ” 生きながらにして、何かを成し遂げる人です。何かを与えられる人 ” です。)

命と引き換えに何かをしたり感動させたりすることではありません。

死んだらアカンと思うんです。

『(人を)感動させる』『感動的な』を英語でいうと、『touching』や、『moving』ですよね。直訳すると、『触れている』『動いている』です。

作り話だろうとなんだろうと、人が死ぬと心が動くのは当然なんです。何も心が動かない人は心がない人だけです。

なので、(実話ならまだしも)、物語や作り話で人を死なせて感動させようと言うのはやはり、邪道なのです。

ラーメンに、『ニンニク』を入れまくって、「どや!このラーメン美味いやろ!? 」というのと大差ありません。※不要な例えやったかな・・・。

昔、大ヒットした歌に、THE 虎舞竜の『ロード』や、沢田知可子さんの『会いたい』などがあります。名曲やと思います。マジ泣けます。物悲しいメロディに、愛する人が亡くなるという哀しい歌詞が乗っているのですから、感動しないはずがありません。実話に基づいているという噂もあります。

ですが、敢えて言います!

それでも尚、物語や作り話で登場人物を死なせるのは邪道です。少なくとも僕はそう思います。

ミスチルの桜井さんも自身の曲『HERO(ヒーロー)』で唄っています。

《 駄目な映画を盛り上げるために  簡単に命が捨てられていく  違う  僕らがみていたいのは  希望に満ちた光だ 》

・・・と。

ー上記《    》内、Mr Children『 HERO』(レーベル:トイズファクトリー)  歌詞より引用ー

その通りやと思います。前述の『ロード』や『会いたい』などは、決して駄目な曲をマシにするために登場人物を死なせたわけではないでしょう。楽曲と歌詞が最高にマッチした稀な例だと思います。

物語や歌詞の中で登場人物を死なせると、作品自体の価値が2割増し3割増しになるということが問題なのだと思います。駄目な作品は少しマシに。良い作品はすごく良い作品に。すごく良い作品は、大ヒット作品に。だから、映画やドラマでは、簡単に命が捨てられていくのです。ラーメンに入れるニンニクと同じ効果があるのです(しつこい?)。

生きて何かを成し遂げましょう。物語や作品をつくるなら、誰も死なせずに感動させましょう。

それが僕の願いです。

HERO (通常盤)

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA