コーチングを学ぶと『モテる男』になるか1 ~それでもコーチングは『うさんくさい』のか~

コーチングでモテるようになるのか!?

はい。なりません。

コーチングでもてるようにはなりません。

ですが・・・

今回はそのあたりについて経過報告したいと思います。

調子に乗りまくっていた自分が感じたこと

実はつい先日まで僕はすべてにおいてノリノリでした。もちろんこの『モテるか』 というカテゴリーについても。

仕事に関しては前回の記事でお伝えした通り、楽しくやりがいのある仕事に就けるようになりました。

その勢いのまま、これまで食事に誘っても付き合ってくれなかった数名の女性に改めて声をかけてみたところ、まさかの皆OK。

神戸牛で有名な高級店 『伊藤ダイニング京都』に行きました。

dsc_2209-s

別の女性と念願だった京都川床にも行けました。

dsc_2175-sdsc_2174-s

※当サイト画像ページは下記
関西の景色と飲食店(Instagram)

また別の女性とは回っていないお寿司屋に行く約束もとりつけました。

仕事だけでなくモテ度まで向上するとは!コーチングは万能なのか・・・

などと考えていました。

食事中に試してみたコーチングスキルとは

上記画像のように、いずれの店も雰囲気がよく、料理もおいしい。

ここで最近コーチングで覚えた

  • 聞くスキル
  • 承認スキル
  • フィードバック

をフル活用してみました。

人は他人の話を聞くよりも、自分のことを話しているときの方が気持ちがよく、楽しかったと感じるようになるというのは既知の事実です。

と同時に、自分の話を真剣に聞いてくれた相手に好意(好感)を持つ、上手く話を引き出してくれたり、同調してくれる相手を、(聞き上手ではなく)『話し上手』だと感じるようになることも多々あるということも最近知りました。

岸見一郎先生の講演会で学んだ『相手の関心事に関心を持つ』なども意識しました。

結果、話は盛り上がり、途中恋愛相談(というほどではないですが恋話)にも花が咲きました。

よく聞きませんか?恋愛相談をしている間に恋愛感情がうまれるという話。

僕は生まれてこの方、同性からも異性からも恋愛相談を受けたことがありません。他人に興味がなく、自分の話ばかりして気分良くなっていたのですから無理もありません。

そんな僕が、これまで食事すら付き合ってくれなかった女性の恋愛話をちょっとした高級店で聞いている・・・

「これは間違いなく次のセリフのいずれかが相手の女性から飛び出すはずだ」と確信していました。

もう少し私の(恋愛)話を聞いてください

または

次はいつ会ってもらえますか?

なぜ当てが外れたのか

結果はいずれも×

完全に当てが外れました。

相手から飛び出した言葉は・・・

私はそろそろ帰ります

え!?  WHY!

話いろいろ聞いたよ?コーチングスキルいろいろ使ったし!全然効果ないやん!コーチングって万能ではないのか!?

やはり20代、30代の頃とは違い、40代のオッサンが色恋沙汰に走ること自体ムリがあったってことなのか???

※皆多少の違いはありましたが、だいたいこんな感じです。

コーチに相談した結果は

コーチに上記のことを話してみたところ、いつものように色々質問をされました。その上で、

上手くいかなかった理由を、自分の年齢のせいにしすぎでは?

と指摘されました。

いやいや、地球上の生物にとって、高齢化と共に性的魅力が衰えるのは否定できない事実なんやし・・・

と思っている僕に、

目標のハードルを短期間に上げすぎたのでは?

とも指摘されました。

確かに、はじめは食事に付き合ってもらうだけで満足だったのに、途中話が盛り上がったために、その日の目標のハードルを上げ、相手から好意的なセリフが飛び出すだろうと高い期待を持ってしまっていました。

更にコーチと話しながら自分で気づいたこともあります。

そもそもその相手がそんなに好きではなかった

コーチと話ながら、自分の声もキャッチしている(オートクライン)の状態で、過去に自分の恋愛がうまくいったときのことを思い出していました。

そのときは「付き合えるかどうかよりも、とにかくこの自分の『好き』という気持ちを伝えたい」。ただそれだけでした。

それが最近は、相手に自分のことを好きになってもらおうと思っている。つまりは、その相手のことが本当に好きだというわけではなかったのだと気づきました。

過去にうまくいった時のように、相手には何も期待せず、ただ、自分の想いを伝えたい。そういう相手であれば、もっと結果も違ったものになっていたのかもしれません。

それこそが本当の恋なのでしょう。

コーチングの効果が及ぶのは

コーチングでコントロール出来るのは自分自身だけです。コーチングは自分の目標設定とその管理には向いていますが、他人をコントロールすることには向いていません。

相手にこちら(僕)のことを好きになってもらおう、「次いつ会えますか?」と言わせようなどとは、おこがましく、またコーチングの範疇を超えた考えを起こしてしまっていたのです。

コーチに指摘されそのことを思い出しました。

思いやりがあって、自己管理ができる大人な人間になったとき、その副産物として『モテるようになる』と気づかされました。

仕事もそうです。前記事でお話ししたように、自分自身の目標管理や行動管理ができていれは 『デキル男』 になれます。

そういう目標や目的に向かっている姿勢やひたむきさにホレる人が現れたりするんだということに気づいたことが、今回の成果です。

そしてそれに気づいた今の自分は、今度こそ『モテる男』になれそうな気がします。いや、既になっているのかも・・・

また後日報告します!

本日のおすすめ本

下記の本、初めて読んだ当初は「なんか難しくて面白くないな・・・」と思ったのですが、今読みなおしてみると、コーチングの基礎がしっかりと書かれた良書だと感じました。コーチングを学ぶ人であれば、テキストとして持っておいても損はない1冊ではないでしょうか。

コーチング・マネジメント

補足

当ブログで取り上げる『コーチングでモテるようになる』というのは決して下記のようなものではないとご理解ください。

  1. 憧れの異性を洗脳し、こちらのことを好きにさせる
  2. 自分自身に「自分はモテる人間だ」「モテモテだ」と暗示にかけることで、実際にそういうことが現実化するのを待つ

そいうったコーチングを行っているところもあるのかもしれませんが、ここでは取り上げていません。

 

 

コーチングで『デキる男』になれるか ~それでもコーチングはうさんくさいのか1~

今回からの新シリーズ第一弾

~コーチングで ”デキる男” になれるか~

「なれるんじゃないですかね~」

と、いうわけで、しばらくご無沙汰していましたが、今回久々に 『 コーチング 』についてお話させてください。

『 コーチング 』というと、「うさんくさい」「マルチ商法では?」という印象を持たれている方が多いようです。懐疑的だった僕がコーチングを他人に薦めると、「ミイラ取りがミイラになった」などと揶揄されることもあるので、しばらく記事にしていませんでしたが・・・

実は当ブログ、コーチングのことを書いた時が一番アクセスが伸びるんです。アフィリエイトで本が売れるのも、ほとんどがコーチングの関連本です。

そんなわけで、本が売れてほしいという下心も含め、久々にコーチングネタの記事を書くことにしました。

現在の仕事・収入は?

ブログ開始当初、無職で、貯金なし、彼女無し(本テーマには関係なし)だった僕が、現在どんな感じなのかについて、お話しておきます。

以前当ブログでも触れましたが、まず、Webリサーチの契約が決まりました。空き時間には、以前より待望していた海外のゲストが集まる『ゲストハウス』の仕事もさせてもらっています。

リサーチの仕事は、当初の予定をはるかに上回る依頼が入ってきて、相応の(というか予想を大きく上回る)収益が得られています。一方ゲストハウスの仕事は予想以上に楽しく、責任があり、やりがいがあります。

寝る間を惜しんで働いていますが、それでもつらいと思ったことはありません。あれほど好きだった飲み会も仕事量に応じて、めっきり減りましたが、それもいたしかたないと思っています。

月収だけで言うと現在、サラリーマン時代を大きく上回っています。

充実感は?

数か月先まで予定が埋まっていて、飲みに誘ってくれた友達にも1ヶ月以上待ってもらったりしています。特に人気者でもない僕が、カリスマ・ビジネスマンか売れっ子芸人にでもなったような錯覚を起こすほどです。

それゆえ充実感はあります。

この程度で満足感に浸っていた甘すぎる僕に釘を刺していただいたこともあります。「仕事に対する取り組みが ”守りモード” になっていたりしないですか?」と。

同時期、IT師匠と仰ぐ永江さんからも厳しい言葉をかけられました。※永江さんはコーチングとは関係ありません。

「サラリーマン時代の収入を超えたぐらいで喜んでいてはダメ」

確かにそうです。社会保険もなければ失業保険もかけていません。契約はいつ切れてもおかしくありません。

調子に乗ったり満足感に浸っている場合ではありませんでした。

そういったところも含め、コーチングを受けていると、自分自身を客観視できるという利点もあるんですね。

コーチングでデキるヤツになるか

そろそろ本題に。

少なからず効果があると思っています。

前述のように、この程度で「デキるヤツになった」と言っては、各界の大物から鼻で笑われそうということもあり、そのようにいうつもりはありません。

コーチングだけの成果では決してない

・・・とも思っています。

コーチング以外にも、いろいろな方から様々なことを教わりましたし、なにより自分自身できるだけの努力をしてきましたし。

それでも自己管理、目標設定などに、コーチングのスキルが大きく影響したことは間違いありません。

いつもながら当たり障りのない結論で申し訳ありません

ただ、コーチングというのは、1部の怪しげな、もしくはマルチ的なものを除けば、しっかりとしたデータや検証を体系化した1つの科学だと、僕は最近思うようになりました。

そもそもコーチングが生まれた理由

もともとコーチングとは、下記のような背景で生まれたものだと聞いたことがあります(間違っていたらごめんなさい)。

昔ある所(たぶんアメリカ)に、なぜかすごく人気があって、周りからも愛されている人がいたのだそうです。

「なぜこの人がこんなに人気があって、他人から愛されるのか。」

その謎を解くべく、その人の話し方、仕草、言動や表情などを研究したものを体系化し、「みんなでマネしてみましょう(みたいなニュアンス?)」になった一種のコミュニケーションスキルがコーチングなのだと。

そう考えると何も不思議なことも怪しいこともないですよね?その技術を一般の我々が取り入れることで、そのような人に近づこうとしているだけなんですから。

そのコーチングを、マルチ商法や宗教的に取り入れようとする団体が現れたことで「怪しいもの」という印象がついたのだとしたら非常に残念ですが・・・。

本日の結論

自分の目標や、やりたいことがわからない、という人。どうにも意思が弱く何事も挫折してしまう。という人。そういった人にコーチングは、間違いなく効果あるものだとおもいます。

あと、他人とのコミュニケーションが苦手な人にも。

『 良いコーチに付く 』 ということが絶対条件ですが。

本日のおすすめ本

下記の本、初めて読んだ当初は「なんか難しくて面白くないな・・・」と思ったのですが、今読みなおしてみると、コーチングの基礎がしっかりと書かれた良書だと感じました。コーチングを学ぶ人であれば、テキストとして持っておいても損はない1冊ではないでしょうか。

コーチング・マネジメント

次回予告:コーチングでモテる男になれるか

こうご期待!