ついにこの日が・・・2月18日がやってきました1 ~当サイト(ブログ)継続の是非と僕の今後を問う!~

ついにこの日がやってきました。

2016年2月18日

一体何の日かって!?

ヴァレンタイン・デー?

ちょっと違います。ヴァレンタインは2/14ですね。

私事で誠に申し訳ないのですが、当サイトの骨子を決定してからちょうど本日(2/18)で半年を迎えるのです。

もちろんめでたい日ではあるのですが、一方で僕はこの日に、ある決断をするとサイトの立ち上げ当初から宣言していました。

2016年2月18日、僕はヒーローを目指すのを諦めます。

 

はっきりとこのように宣言してしまっていますね。で、どうするんだと。まずはこの段階で現状報告をさせていただきます。この半年間色々な勉強や取り組み、検証を行い、ヒーロー的な奴に近づくべく頑張ってきました。その経過報告をさせていただきます。果たして・・・!?

これ以下は少々長くなっていますので、(もしもおられましたら)興味のある項目だけ読み流していただけたらと思います。

■知識面

知識面総評・・・半年でこれだけの実践・経験・蓄積が出来たことは大きかったと思います。

サイト構築/ブログ運営・・・当サイト&ブログが成果です。これまでブログを書いたこともサイトを構築したこともない人間が半年でここまでのブログに仕上げました(自画自賛)。初めの3ヶ月は公約通り1日も欠かさず記事を投稿・更新しました。おかげさまで最近はブログ投稿のない日でも訪問者数が安定してきており(1日80~100PV)、アフィリエイトの書籍も売れるようになってきました。

SNS・・・以前はほとんど使ったことがなかったSNS。最近はTwitterやFacebookにかなり依存しています 笑。必要以上にフォロワーや友人を増やさないように運用していたのですが、それがよかったのか、面識がなくても、本当に互いに興味のある新しい知人が出来たり、疎遠になっていた友人と連絡をとりあったりするようになりました。情報収集・発信ツールとしてお世話になっています。

英語力・・・ブログ開始当初TOEIC625点だったものを690点にまで戻し、現在も学習継続中です。当面の目標は、以前の英語能力をはるかに上回り、ネイティブともストレスなくコミュニケーションがとれるようになることです。

プログラミング・・・C#の基礎はマスターしました。ただしこちらに関しては『プログラミングとは』を知った程度に過ぎず、活かし方がわかりませんw。

株式投資・・・デイトレード・スイングトレード・ファンドなどを実践、それぞれについて基本知識を習得しました。これに付随し、財務諸表の見方、経済(お金)の流れなどが理解できるようになりました。

政治・経済・・・ブログ開始前はほとんど興味なしでした。「信じられる政治家など誰一人いない」と思っていたからです(この点については現在もあまり変わっていない)。それでもこの半年間、ニュースを見まくり、書籍を読み、1人前の大人並みの知識はつきました。

■精神面

精神面総評・・・まだまだです。酔っぱらうと相変わらず気が大きくなり、金遣いは荒くなるわ、わがままになるわで・・・。飲んでテンションが上がりまくった翌日は決まって落ち込んだりします。定職についていないため先々の不安も無くはないです。それでも随分、他人の話に興味を持って聞くことができるようになりました。それによって人間関係もかなり好転するようになったと実感しています。

コーチング/NLP・・・自分自身に成果が現れるかどうかについて現在も検証中です。ブログ開始当初に比べ、これらのスキルについて随分とポジティブなイメージを持つようにはなっています。※当ブログでも度々記事にしていますので、興味のある方はブログご参照ください。

コーチングやメンタルトレーニングで夢に近づけるか
コーチングは稼げる?うさんくさい?

ロジカルシンキング・・・「論理的に説明しろ」など、上司が部下を叱責するときに使う用語かと思っていました。しかし先日見たプロポーカープレイヤー木原直哉さんの動画で、「ポーカーで勝てるのは物事を論理的に考えることが出来る人」といった内容のことを仰っておられたので、初めて『ロジカルシンキング』に興味を持ちました。この思考が身につけば、仕事、私生活、株式投資などあらゆる面で好影響があるのではないかと、僕が今、最も注目しているスキルです。ゼロ秒思考など実践を始めています。

募金/人道支援・・・「偽善だろうとなんだろうと、しないよりはマシ」という理念のもと現在も継続しています。

■生活面

生活面総評・・・収入が少なくなったので、裕福とはいえませんが・・・。以下ご参照ください。

収入面・・・資金は下降トレンド、続落ですw。

彼女・・・相変わらずです。いません(T T)

株式トレード・・・トレードに充てた資金のちょうど半分が無くなった状態ですが、なんとか市場退出には追い込まれず踏みとどまっています。始めたころの「株は上がるか下がるかなので、初心者でも勝率は5割」という考え方が、超絶あまあまだということはよくわかりました。ろくに勉強もしないで素人が参入すると、もれなくみぐるみを剥がされて切り捨てられるような過酷な世界です。

先日読んだ書籍にこう書かれていました。株式投資(トレード、特に短期になればなるほど)は、ギャンブルと性質が似てきて、計算上回数を重ねれば重ねるほど、株が上下する比率は5分5部に近づいていく(つまり勝ち負け0に近づく)。ただし、それは市場の全員が素人で、でたらめに投資している場合。実際には資金力があり、最速で情報を知ることができる一部の特別な人々や、組織ぐるみの投資者などが存在します。中には裏情報(インサイダー情報)を得ている人も多く存在するという噂もある、魑魅魍魎がうごめく恐ろしい弱肉強食の世界なのです。

おっと、今日のテーマは株式投資についてではないので、株式市場の恐ろしさについてはこの辺にしておき、続きはまた後日お話しさせていただきます。

さて、半年が過ぎた時点での経過報告は以上となります。それではこれから当サイト(ブログ含む)と僕の「ヒーロー的な奴になる」という活動はどうなるのか・・・。え?あまり興味ないですか?

長くなりましたので、続きは次回に持ち越したいと思います。私事の記事をここまで読んでいただいた方、及び、これまでに1度でも当サイトを閲覧いただいた方には、心からの感謝を申し上げます。※リファラスパムなどは除くw

 

  

「ついにこの日が・・・2月18日がやってきました1 ~当サイト(ブログ)継続の是非と僕の今後を問う!~」への2件のフィードバック

  1. コーチングの世界は、人に行動ばかり促して、
    自分(コーチ自身)の解決すべき課題に取り組まない人が多いため、お勧めしません。
    コーチは具体的にアドバイスをするのではなく、クライアント(相談者)のオートクライン(気づき)を促すから、相談内容の経験や知識がなくてもできると言われていますが、人生の修羅場や苦境に立ったことがない、自分の課題から逃げてる人とセッションをしても、その場は盛り上がっても大抵はそれで終わってしまいます。だって言葉に重みがないんだもの。
    あと、家族関係うまくいっていなかったり、お金が回ってなかったり問題抱えている(だって自分達の問題を見ぬふりしてる)から、仲間たちでコーチングして傷を舐めあっているわけで、同じ穴の狢になっております。マルチと思われても仕方ないです。

    コーチングの手法は素晴らしいだけに残念です。
    もちろん一部の方は素晴らしい方がおりますが、
    業界にいた私ですら、3-4人ぐらいしか知りません。

    1. コーチングしてた人さん

      コメントありがとうございます!

      いただいた意見のかなりの部分に僕も同意見です。

      【主に同意できる部分】
      >自分(コーチ自身)の解決すべき課題に取り組まない人が多い
      >仲間たちでコーチングして傷を舐めあっている

      【新たに気づかされた部分】
      >人生の修羅場や苦境に立ったことがない
      >言葉に重みがない

      僕自身もコーチングを学んでいました。プロコーチになるため20万円近くを学費に使ったものの、認定コーチ試験の前に受講を辞めました。
      コーチングの効果を実感できなかったこと、資格をとっても技術がなければプロにはなれないとわかったこと、コーチと呼ばれる人達に『人格者』や『成功者』だと感じる人が少なかったこと、などが理由です(単に僕が感じ取れなかっただけなのかもしれませんが・・・)。

      そのこともあり、現在はお金を使わず学ぶようにしています。コーチングの手法を使い、僕が僕自身の課題と向き合いクリアできるようであれば効果が実感でき、言葉にも重み(説得力)もでるかと考えています。逆に僕が自分の目標達成や問題解決できないようであれば、他人にコーチングを薦めるつもりはありませんし、むしろ批判すると思います。現在身をもって検証しているところです(^^)

      あと、「マルチと思われても仕方がない」という部分も共感できます。『クライアントの契約料で生計を立てている本来のコーチ』よりも『コーチを育てる講師業で生計を立てているコーチ』のほうが多いようですし、『あなたも私の商材を購入すれば稼げるコーチになれる!』など、勧誘に近いメールを送ってくるコーチもいます。これでは他の情報商材と変わらないですよね。

      最後に下記についてお話させてください。

      >コーチングの手法は素晴らしいだけに残念です。
      >もちろん一部の方は素晴らしい方がおりますが、
      >業界にいた私ですら、3-4人ぐらいしか知りません。

      この部分についても同感です。コーチングの手法自体は僕も素晴らしいと感じています。そして有名でないコーチでも『素晴らしい人格者』や『多くの人の目標を達成に導いている方』が(少なからず)おられます。これらの方に共通しているのは『ほとんど売り込みをかけてこない』ということ、『自分で実績をひけらかさないが、利害関係のない第三者が口コミで評判を広めている』ということなどです。

      最近そういう方と知り会いました。本人が実績を語っているところは聞いたことがなかったのですが、その方のクライアントさん3、4人が『夢がかなった』『目標達成した』『営業成績が劇的に上がった』と話しているのを聞きました(セミナーとかではなく、それぞれ別々の飲み会で同じコーチの名前が出てきたので驚きました。彼らが皆、洗脳されているのであれば話は別ですがw)。これは説得力があるなと思い、明日からその方にお世話になる予定にしています(多くのクライアントさんがいるにもかかわらず格安)。

      長々とすみません。とにかく僕もコーチングに対しては疑心暗鬼になったり期待感をもったりと手探り状態で取り組んでいます。

      そのため、『コーチングをしていた人』さんのように、業界の方にご意見いただけると、とても参考になります。今後も僕のコーチング体験記的な記事を投稿していきますので、よろしければまたコメントいただけないでしょうか。

      今後ともよろしくお願いいたします。

      KZ83

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA