気合いで蓄膿(ちくのう)症は治せる!? ~朝起きると鼻から温泉が湧き出てきた!~

気合いで蓄膿(ちくのう)症は治せる!?

気合いでは治せません。

最近健康ネタの投稿がなかったので久しぶりに投稿してみました。それだけ体調もよかったのですが・・・

蓄膿症は突然に・・・!

ある朝のこと。

目が覚めると鼻がつまっていることがわかりました。僕は元々鼻炎持ちなので、ここまでは特にめずらしいことではなかったのですが・・・何かがいつもと違う。何か違和感が・・・

はなの奥が苦(にが)い! いや、臭い!

これは・・・硫黄の臭い!ここは温泉か!?

もしやこれは噂に聞いた蓄膿(ちくのう)症かも・・・。即効ネットで調べたところ、症状からしてやはり蓄膿症(または副鼻腔炎)のようでした。

治療の必要性は?

特に日常生活に支障はないので、このまま放置、かとも思ったが、どうにも鼻の奥がにがい、くさい!その鼻汁が喉を伝って口に入ってくる。これって口も臭くなっているのでは!? という不安が頭をよぎった。

再度ネットで蓄膿の症状を調べてみると・・・

・くさい鼻水が出る/口臭がする

と、あるではないか!

やはり。これはまずい。接客の仕事もしてるし・・・。ただでさえ加齢臭を振りまいているかもしれない年齢なのに、さらに口臭までとなると。早急に治さなければ。

次に治療方法を検索。どうやら蓄膿症(副鼻腔炎)には急性と慢性があるらしい。

[ 副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。]  -Wikipediaより-

急性副鼻腔炎の場合1ヶ月以内に治るらしい。1ヶ月以内に治らなければ慢性副鼻腔炎確定。

蓄膿症に認定されてしまう!

なんとしてでも1ヶ月以内に治さなければ!

僕の周りの蓄膿症

その日職場で、僕が副鼻腔炎になった話を同僚にしてみました。すると意外にも同じような症状(蓄膿もしくは副鼻腔炎)に悩んでいる人が僕以外に3人もいることがわかりました。

その内の一人は病院に通っていて、薬ももらっているそうですが、先生から「緩和はするが完治はしないかも」と言われたそうです。

病院に通っても完治しないのか・・・

そのとき思い出したんです。大学時代からの友人に一人、蓄膿症治療のため手術を受けたヤツがいたことを。他の友達数名と冷やかしがてらお見舞いに行った記憶と共に 笑。

さすがにまだ手術を受けるほどではないでしょう。かといって、通院でも完治しないのならば・・・

「まずは手軽な薬から試してみるか・・・。まだ急性か慢性かわからないしな。」

と、薬を購入することにしました。

僕が購入した薬は?

ネットで調べ一番評判の良かったチクナインを購入しました。TVCMなどでもおなじみでしたし。思いのほか高かったので、まずは1週間分だけ購入。※下記56錠が1週間分です。

【第2類医薬品】チクナインb 56錠

使用一週間後の感想:多少緩和したような気もしましたが、明確な改善は見られなかったため1瓶使い切ったところで使用中止しました。高いし。

※使い続ければ明確な改善が見られたのかもしれません。何せ僕は一週間だけでしたので。

蓄膿症は根本的改善は期待できない?

チクナインの使用を断念したものの、もしも僕が患っているのが慢性ではなく急性なら、「特に何もしなくても自然に治るかも」と、その頃はまだ淡い期待を抱いていました。

そうこうしている間にあっという間に一ヶ月が経ったのですが・・・僕の期待もむなしく、完治はせず。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)確定やん!

やはり病院に通おうか、もう一度チクナインもしくは別の薬を試そうか・・・

そう考えていた頃、偶然にも前述の手術をした友人と、一緒に見舞いにいった友人との3人で同時に会う機会があったんです。

蓄膿のことを聞いてみました。

手術した友人:「ちくのうは治らないよ。今でも鼻の奥に硫黄の臭いがする」「最近医者から2度目の手術を薦められた。」「薬も緩和にはなっても完治はしない。」

一緒に見舞いに行った友人:「俺も蓄膿症になった。病院に通っているけど治らない。」

なんてこった!

根本的改善は期待できないのか!

と、ゆーことで、僕も気長に処置していくことにしました。

手術・通院・薬以外で治療が期待できるのが・・・

副鼻腔炎についていろいろ調べているときに目にとまったのが、

『ナタマメ茶』

どなたかのブログに、「ナタマメは漢方薬的な効力で、蓄膿症の緩和(ともしかして完治)が期待できる』と書いてありました。

そういえば、別の友人も鼻炎だったか副鼻腔炎だったかわからないけど、「お茶で治した」と話していたっけ・・・

そういうことであれば、と僕が1ヶ月程前から試しているのがこれ。

国産の手作り 赤なた豆茶 3g×30包 (なたまめ茶 ナタマメ茶)

病院に通ったり薬を飲んだりしても根本的改善が期待できないのであればお茶を飲み続けるのが一番抵抗無いように思ったからです。

ナタマメは毒素が強く胃腸が弱い人はくだすかもと聞いていましたが、僕の場合特に問題ありませんでした(僕も胃腸は弱い方です)。普通にお茶として飲んでも結構おいしくてお勧めです!

それに購入後約一ヶ月経ち、かなり改善したように思います。まだ完治はしていないのですが、今は下記(白ナタマメ茶)を試しています。

国産の手作り 白なた豆茶 3g×30包 (白なたまめ茶)

赤ナタマメ茶と白ナタマメ茶(なんか早口言葉みたいな)、効果の差はそれほど明確ではないようですが、気持ちの問題ですね 笑。

このまま完治してくれるといいのですが・・・

完全に治った場合に限り、続報でお知らせしますね!

※当記事の内容は医学的根拠に基づき作成されたものではありません。また蓄膿症が完治しない、前述の薬には効果が無いなどと断定しているものでもありません。あくまで1ユーザーの経験に基づく感想である旨ご理解ください。

また知人の知人に、手術によって蓄膿症が完治したという人がいるという話を聞いたこともあります。急性だったのか慢性だったのかは不明ですが。

※記事内に出てくる蓄膿症の人たちについては特に口臭は気になりませんでした。蓄膿症の人すべてにそのような症状があるというわけではないんですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA