【体験談】Amazonアソシエイト(アフィリエイト)・プログラムに申し込んでみた2

先日(2015/8/17)  Amazonアソシエイト(アフィリエイト)・プログラムへの申し込みを試みたのですが、あえなく不承認。

2015/9/16 昨日ちょうど一ヶ月が経ち、以前に比べPV数やユーザー数が少し増えたので、再チャレンジしてみました。

※下記が前回の投稿です。
Amazonアソシエイト(アフィリエイト)・プログラムに申し込んでみた1

下記画像は現時点での当サイトの「ページビュー数」。
おかげさまで類型で1,300PVを突破しています(まだまだ少ないのでしょうけど)。

※Googleアナリティクスのスクリーンショットはポリシー規約に反する恐れがありますので、削除しました。代替の推移グラフ等作成し、近日中に再公開いたします。

そして下記画像が、先週9/7のPV数です。
※前回アソシエイツ・プログラムに申込を試みたずいぶん後のものですが、それでも現在(上記)と比較すると、類型PV数が725PVと少ないことがわかります(この1週間強で倍近く増えていることがわかりますね。)

※Googleアナリティクスのスクリーンショットはポリシー規約に反する恐れがありますので、削除しました。代替の推移グラフ等作成し、近日中に再公開いたします。

 

なので「今回は大丈夫かも!」とワクワクしながら、審査結果を待ちました。
※前回も今回も、申込みしたその日の内にAmazonから審査結果が届きました。

さて、その結果は・・・

またもや『承認できません』とのこと!がーん!!! (←ショックの表現もおっさん?)

まるで就職面接や、資格試験の『不採用通知』『不合格通知』を受けたような気分です。「何がアカンのや~!」と独り言が漏れました。

理由も前回と全く同じでした。運営規約に反する8項目(本投稿下方に記載)の内の、いずれか、もしくは複数の項目で、「反している」と判断されたようです。

まさか項目『 7. 露骨な性描写がある場合』が適応された・・・?

いやいや、それはないでしょう。

やはり、今回も 1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 だったのだと思うようにしました。

めげずに、また1ヶ月後、再チャレンジし、当ブログで報告しますね!

 

以下 -Amazon アソシエイト・プログラムから『運営規約に反するもの』-

  1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
  2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合
  3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合
  4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合
  5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合  *SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております
  6. 知的財産権を侵害している場合
  7. 露骨な性描写がある場合
  8. 未成年の方のお申し込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA