「_募金/人道支援」カテゴリーアーカイブ

署名収集、支援団体、Change.org(チェンジ.オーグ)の会員プログラムに登録した直後、この団体が詐欺団体かもしれないと知り焦った!という話2

前回の続きです。

署名収集や支援活動を行っている団体『Change.org(チェンジ.オーグ)』の月額支援会員を解約しようと、その方法を公式サイトやネットで検索してみたもののなかなか見つからず、それどころか『この団体、実は詐欺団体なのでは?』と思わされるような投稿ばかりが目につき焦った、というところまでが前回の投稿でしたね。

いよいよヤバい!と思いました。

この時すでに僕の『月額寄付』は始まっており、paypalから『Change.orgに振り込みが行われました』という、全く気持ちのこもっていない連絡がきてしまっていたのです。

このまま一生、離婚の慰謝料のごとく毎月1,000円を払い続けなければいけないのか?

それとも僕も、ネットで見たどなたかのように消費者センターや弁護士に訴えなければいけないのか・・・?

めっ、めんどくさい!

月々たった1,000のことで、法的手段とかめんどくさすぎる!

いやいや、月々1,000円とはいえ、それがあればヱビスビールが2杯も飲めるし!・・・もとい、他の恵まれない人たちに寄付できるではないか、

不安と怒りの中、ようやく公式サイトの中に『サポートに直接問合せられるページ』を発見。

慌てた勢いのまま「あなた達がもしも詐欺団体で無いと言うのなら、すぐ退会手続きを取ってください!」と当該フォームから質問のような嘆願書のようなメールを送信しました。

通常こういった問合せをすると、送信者のメールに『お問い合わせありがとうございます』等の自動メールが来るのですが、それもありません。

ただ僕の心配をよそに、翌日Change.orgから返信が届いたのです。

すぐに返信が来たこと、真摯な文面であったことなどから少しはホットしましたが、その内容は決して安心できるようなものではありませんでした。※下記にその返信メールからの抜粋・引用文を添付しましたので、興味ある方は参照ください。

●●●@●●.co.jp(←僕の登録メール) でのご寄付を見つけることができません。

サインアップの際にご使用になる別のメールアドレスをお持ちの場合は、弊社まで情報をお送りください。

な!なんですと!?

僕が登録しているメールアドレスは、確か一つのみ。しかもそのメールアドレスにSkypeから『Change.orgへの送金が完了しました』との連絡が来ています。つまりChange.orgに僕のこのアドレスが登録されているのは紛れもない事実なのです。

にも関わらず「(このメールアドレスでの)ご寄付を見つけることができません。」

いやいやいや。それはないでしょ?

それならばと、返信メールに書かれていたHPからの退会方法を試してみました。※下記引用

ついでながら、Change.orgの毎月のご寄付にサインアップ済みである場合は、アカウント内からこのサブスクリプションを管理することができます。管理の手順は次のとおりです。

-Change.orgのアカウントにログインする
– 右上のドロップダウンメニューから [Settings] を選択します。
– 「Manage Contributions」または「Promoted Petition」オプションを選択します
– サブスクリプションをキャンセル、またはお支払いの詳細情報を更新するオプションが表示されます

早速試してみました・・・が、ダメです! 上記で言及されている『オプション』が表示されないのです!

オプションが表示されないと言うことは・・・?返信メールには下記のように書かれていました。

上記のどちらのオプションも表示されない場合は、毎月のご寄付にご登録になっていないことを意味します。

いやいやいやいや!寄付には登録したし、既にSkypeから送金(カード引き落とし)の連絡来てるし!

やはり、なんだかんだ言って退会できないようになっているのか・・・、それとも出来るだけ引っ張って、1回でも2回でも会費を徴収しようとしているのか・・・。

すぐさま「退会できない」旨の連絡を、届いたメールに返す形で、必要な情報と共に返信。

すると、また1日ぐらい経って返信が届きました。

退会手続き完了

Change.orgからの返信メールには・・・

ご要望に応じ、お客様のアカウントの今後の毎月のお支払いはすべてキャンセルされました。また、7月分の料金がPayPalアカウントに戻されましたのでお知らせいたします。

-Change.org返信メールから抜粋引用-

おお!退会できたのか!?

追伸の形で、

お手伝いできうれしいです。  また、その噂に関するお客様の懸念を理解することができます。

最後に、Change.orgとお客様が署名した署名キャンペーンのご支援に感謝します。私たちはお客様の思いやりと寛大さに感謝しています。
ありがとうございました

という真摯な回答もいただきました。

その直後paypalからも払い戻し完了のメールが・・・。

今後の会費引き落とし手続きをキャンセルしてくれただけでなく、前月の引き落とし分にまで遡り返金していただけていたのには驚きました。

今回の結論

結論としてchange.orgは優良団体だったというわけですね!

もちろんこれだけで収集した署名(個人情報)を売っているという噂など、疑惑が解消されたわけではないのですが・・・

それを言い出すと、どんな企業でも団体でも個人でも、有名になればなるほど、色々な噂などは付き物ですので。

今回は、月額会費のキャンセル、払い戻しを迅速におこなっていただけたとう事実から、

Change.orgは詐欺団体などではない

と結論づけさせていただくことにしました。

 

 

署名収集、支援団体、Change.org(チェンジ.オーグ)の会員プログラムに登録した直後、この団体が詐欺団体かもしれないと知り焦った!という話1

Change.orgについて

最近の当ブログ、支援関連の投稿が続いていますが今回も。

皆さんは『Change.org(チェンジ.オーグ)』という団体をご存じでしょうか。

Change.orgは、様々なキャンペーンへのオンライン署名収集および届け出を業務とする企業、およびそのウェブサイトである。慈善活動や社会を変えるためのものが多く含まれると主張する

-Change.org  Wikipediaより抜粋引用- Change.org  Wikipedia

世の中には様々な問題があります。Change.orgはその中で、

一般の人達では対処しきれない問題に対し、被害者や困っている人たちに共感できるという人達から書名を募り、しかるべき機関に訴えかけてくれる

という、神様のような団体なのです。

・・・少なくとも当初はそう思っていました。

それが、最近になってこのChange.orgが

実は、署名や寄付金を不当に扱う、詐欺(的)団体なのでは無いか?

と思わされる出来事がありました。

そこで今回と次回の2回に分けて、何があったのか話してみたいと思います。

Change.orgを知ったきっかけ

まずは僕がChange.orgを知ったきっかけをお話しさせてください。

あれは確か、Twitterで知り合った方が『元大阪市長の橋下徹氏に、24時間テレビのマラソンランナーを務めてほしい』というキャンペーンをChange.org上で起ち上げ、署名を募っていたときだったと思います。

その際はじめてChange.orgのウェブサイトを見たのですが、『ブラック企業を訴えよう』『児童虐待を無くそう』『環境破壊を食い止めよう』等、共感できるようなキャンペーンが多数あり、更に当時テレビよく見かけた綺麗な女性『ハリス鈴木絵美さん』が広告的な存在として起用されていたため、とにかく爽やかなイメージしかありませんでした。

Change.org 公式サイト

ハリス鈴木絵美 Wikipedia

そのころは「へー!こんな署名の集め方もあるんやな~」ぐらいしか考えず、気軽に署名したのを覚えています。

最近Change.orgに協力したこと

ということもあり、これまで共感できるキャンペーン(支援)がある時に限り、書名や支援金の寄付を行ってきました。

最近では、ITコンサルタントの永江一石氏がFacebookで下記

もう、一人も虐待で死なせたくない。総力をあげた児童虐待対策を求めます!

というキャンペーンへの署名を呼びかけていたので、僕も迷わず署名しました。

昨今(いや、昔からかな)こういった寄付や募金は実際どこに支援金が行ってるのか怪しいものです。

ですがITリテラシー最高レベルの永江さんと、超信用できそうな団体のキャンペーンということで、その時も何の迷いもなく署名&寄付したのを覚えています。

会員プログラムの『月額会費』について

その時のことです。たまたまchange.orgのウェブサイトに『会員プログラム』というタブがあるのを見つけました。

Change.org 会員プログラム

ともに「変えたいの気持ち」を応援しませんか

という文言と共に呼び掛けられるこの会員プログラム。

毎月数千円の募金をすることで、この爽やかな優良団体の支援が出来るとのことでした。

僕は以前より(周りから良く見られたい一心で)人道支援や慈善募金を積極的に行ってきました。

Change.orgのこの会員プログラム、月額(安いところで)千円からの会費で、会員になれるとのこと。

毎月千円でいいなら全然OK!と思い、即登録しました。今回もいつもと同じく若干の下心と共に・・・。

支援活動などをしていると『俺は世の中の役に立つ支援活動やってるんだぜー!』とアピールできたり、どこぞの女子から『カズさん、人道支援とかしてるんやー!ステキ!』といわれるかもしれないですよね?(ない?)

それが月々千円で期待できると思うと安いものです。

会員プログラムの特典、メリットとは

自己満足と共に登録したこの会員プログラム。何かメリットがあったかというと・・・

とくにありませんでした。

「このようなキャンペーンに署名しませんか?」等のメールが頻繁に届くようになっただけで、特にメリットがないんです。

慈善事業支援に『メリットがあるか無いか』などと言っている時点で下心丸出しなのですが、そこはやはりgive & take(ギブアンドテイク)です。なんらかのメリットは期待してしまいます。

意に反してこの会員プログラム、こちらに興味の有無などお構いなし。

うーん。これは会員にならない方がよかったかな・・・

そんな折、仕事柄お世話になりまくっている非営利団体、皆様よくご存じの『Wikipedia』から、

今年も寄付お願いします!

という鬼メールが届くようになりました。

僕もお金が余っているわけではありません。やたらめったらお金をばらまくわけにはいかないのです。

そこで取捨選択、

『限られた団体に多額の寄付をする』<『出来るだけ多くの団体に少額でも寄付する』という結論に至りました。

やはりこのChange.orgの「月額会員を退会しよう」と。

Change.orgは詐欺団体⁉

いざ、解約しようとHPを検索したのですが、Change.orgの公式ページ上には、それらしい項目が見当たりませんでした。

あれ?おかしいな。入会申し込みの際は、

退会や寄付金額の変更はいつでもできます

とあったのにな・・・。意外と簡単ではないやん。

そこで次にGoogle先生のお力を借りしようと、Change.org・・・というところまで検索窓に打ち込んでみたところ・・・。

Change.org 詐欺
Change.org退会できない

などのキーワードが目に止まったのです!

多くの人から署名を集めた上で、その個人情報を売っている詐欺団体』という噂まで・・・。

え!? まさか!

この有名で健全そうな団体が詐欺団体?

会員プログラムも『いつでも退会いただけます』って書いてるのに!

焦りました。

この最近ITリテラシーがうなぎのぼりの僕に限って、だまされたりするはずがない!

それともまだまだ脇があまったのか!

ともかく早く退会しなくては!でもどうやって?

おっ、落ち着け。仮にChange.orgが詐欺団体だったとしても、たかだか月千円。年間一万二千円。生活レベルを変えなければいけなくなるような金額ではないし・・・

いっ、いやっ、それでももったいない!

改めてネットで『Change.org退会』と検索しました。

すると、知恵袋系のサイトの『退会方法がわからない』という投稿や、『消費者センターに訴えた』など、ますます不安になる投稿が検索結果で出てきました。

反面、正規のヘルプやマニュアル的なものは見当たりません。

Change.orgの公式サイトにも『直接問合せ』のぺージがなかなか見つかりませんでした。

いよいよヤバい!

この時既に、僕の『月々寄付』は始まっており、paypalから『Change.orgに振り込みが行われました!』という連絡がきてしまっていました。

つづく

 

 

普段散財しまくりなので、たまには世の中のためになりそうなことをしてみた ~僕の偽善活動まとめ~

偽善活動とは!?

今回は以前から僕が行っている『偽善活動』についてまとめてみました。

※偽善活動とは
『他人のためになることをすると幸せになれる』という話をどこかで聞き、曲解したのがきっかけで、当サイトオーナーが取り組み始めた下心丸出しの善い行いのこと

偽善だろうと裏があろうと、事実上良い行いをしたのであれば、それを喜んでくれている人が必ずいるはずです。そう考えると『やらないよりは、やったほうが良い』というのが信念です。

それと・・・。

もしも知り合いの女子がこのブログを目にして『カズさんいい人~』『尊敬するわ~』とか、万に一つでも思ってもらえたらラッキー!と思い、出来るだけ善いと思われる行いはするようにしました。

代表的な支援活動履歴

このブログを始めるまでも少額の募金や献血などは常におこなっていましたが、ここではブログを始めてから投稿したものを中心に紹介したいと思います。※もっと、めっちゃ。寄付とかしてるんやで~、というアピールでした 笑

ブログを始めて最初の支援的な投稿がこちら↓台湾の台風被害の時です。

2015年9月


2015年9月

次に『分身ふなっしー募金』の投稿をしています。東日本大震災への支援募金です。

その後、お礼状と記念品が届いて感激したのをよく覚えています。

2015年12月


2015年10月

↓下記は高槻にある髙山ラーメンで熊本震災募金をした時の投稿。

2016年5月

↓京都にきたばっかりのときに駅前の献血センターに行った時のものですね。

2016年7月

友達にお金を貸すのはどーなん?という記事を書いたときにはFace Book経由で知らない方から「金貸してください!」という連絡が来たこともあります。

2016年12月

Change.org

永江一石さんが声かけをされていた寄付がきっかけで、これまで何度かこのChange.orgには寄付をしてきました。

直近では『キャンペーン「もう、一人も虐待で死なせたくない。総力をあげた児童虐待対策を求めます! 』に寄付しました。

積極的に活動されていること、信頼のおけそうな団体であることから、月々一滴金額を寄付する会員に申し込みをしましたが、こちらについてはあまりメリット(寄付にメリットもないのですが)当団体の活動でも全てが共感できるものという訳ではないので、近いうちに退会しようと思っています。

ですが、当団体の活動には共感がもてるものが多くありますので、今後も引き続き活動を注視していきたいと思います。

Wikipedia

Wikipediaには少額ながら毎年寄付しています。

この記事を読んでいるかたで、Wikipediaを知らないかたはいないのではないでしょうか。また、wikipediaを使ったことがあるかたなら、この団体が定期的に寄付を募っていることも。

Wikipediaでなにかを調べようとすると(ある一定の時期に限られますが)wikipediaは皆様の募金に支えられていますといった大きな文字がページの一番上でかでかと表示されるのを見たことがあるのではないでしょうか。

Wikipediaに関しては、非営利団体にも関わらず多くの人がお世話になっていると思います。大きなお世話かもしれませんが、この団体には少しくらいの寄付をしてあげてもいいのではないかと僕は思っています。※たしか安いところで500円か1000円から寄付できたと思います。

で、最も直近に支援活動したのが下記。前回の投稿ですね。

東京ガールズコレクション

こちらは大ファンの佐藤エリさんが、ガールズコレクションに出演されたときの衣装を、東日本大震災被災地へのチャリティーオークションとして出品されていたものです。

佐藤エリさんは、とあるクイズ番組で知り、その後Instagramで、フォロワーさんにすごく丁寧で真摯な返答をされているのをみてすっかりファンになりました。

詳しくは下記前投稿ご覧ください。

2018年7月


2018年7月

と、まーこんなところでしょうか。

本投稿の冒頭で『偽善活動』などと冗談ぽくかたっていますが、本音は「一人でも多くの人が支援することで、一人でも多くの困っている人を救うことが出来たら・・・」というのが願いです。

 

non・noモデル佐藤エリさんの私物をオークションで落札したものの、ホットパンツまで戴き、おっさんがこれを所持していて良いのか迷った結果、女性ファンに差し上げようと思い連絡をとってみたら驚いた、という話2

前回の続き

『non・noモデル佐藤エリさんの私物をオークションで落札したものの、ベロアのロングパンツやホットパンツまで戴いて、おっさんがこれを所持していて良いのか迷った結果、女性ファンに差し上げようと思い連絡をとってみた』というところまでお話ししていましたね。

『実は私も男なんですよ 笑』

な・・・なんと!

そういえばちゃんと確認してなかった!

エリさんとよく『韓国ファッション』についてメッセージのやりとりをされていたり、インスタグラムの投稿はほとんどがネコの画像で・・・。自分のことを話すときは『わたしは・・・』と言っていたのでてっきり・・・!

完全な僕の早とちりでした。

エリさんファンに悪人無し!?

実はこのとき少しだけホッとしました。

自責の念に駆られ、「自分が持っていてはいけない」という気持ちから最も喜んでくれそうな女性ファンにお譲りするつもりでしたが、やはり心の奥底で「せっかく落札したエリさんの私物やしな~。惜しいよな~。」と思う気持ちがあったのも事実です。

それがこの瞬間、「自分もやるだけのことはやった!」と自分自身を納得させることができ、後ろめたさはすっかりなくなっていました 笑

しかも僕が連絡を取った(女性だと勘違いしていた)エリさんファンからは、「さすがエリさんのファンですね。エリさんがこのことを聞いたらすごく喜ばれると思います。(誰かが)転売目的ではないかと誤解するかもしれませんので、私からエリさんにこのことをお伝えするのは差し控えますが、

とても暖かい気持ちになるお言葉ありがとうございます。気持ちだけで充分満足させてもらいました。

」と、おっしゃっていただけました。

以来そのかたとはインスタグラムでフォローし合っています。

その後エリさんにも報告

その後インスタグラムのコメントで、「すみません。女性ファンの方を差し置いて男の僕がエリさんの私物を落札してしまいました」と報告したところ

被災地のチャリティーオークションなので、どなたが落札されても被災地のかたに喜ばれると思います。ありがとうございました。

というありがたいお言葉をいただきました。

ということで晴れて僕が所有させていただくことにしました。

これまでエリさんから戴いたコメントや返信と共に宝物にしたいと思います。

今回はアフィリエイトでなく、エリさんが監修(プロデュース)されているファッションブランド『ダバガール』のリンクを紹介して本投稿を締めたいと思います。

ダバガール《日本公式ショップ》DABAgirl 韓国ファッション通販

注)前回および今回、投稿に登場するエリさんや、エリさんファンのかたのコメントは一字一句正確なわけではありません。
インスタグラムのコメント欄でのやりとりにつき、履歴が見つからず、僕の乏しい記憶をさかのぼり掲載したものとなります。ご了承ください。

 

non・noモデル佐藤エリさんの私物をオークションで落札したものの、ホットパンツまで戴き、おっさんがこれを所持していて良いのか迷った結果、女性ファンに差し上げようと思い連絡をとったら驚いた、という話1

佐藤エリさんについて

まずはnon・noモデル佐藤エリさんについて少しご紹介させてください。僕が初めて佐藤エリさんを知ったのは、2年位前でしょうか。くりーむしちゅーさんがMCを勤めるクイズ番組『くりーむミラクル・ナイン』にエリさんが出演されていた時でした。

明石家さんまさんの『さんま御殿』で見た時は「モデルのローラさん?」と見間違えた記憶があります。

その後、エリさんがインスタグラムをしているのを知りフォローするようになって、そのコメントやフォロワーさんに対する返信内容等を見ている内にすっかり大ファンになっていました。

佐藤エリさんInstagramプロフィール

テレビでタレントさんや女優さんを見ていて「綺麗な人だな」と思うことはよくあるのですが、実際に出演作やライブを見に行きたいと思った有名人はエリさんが初めてです。

もちろんSNSで応援コメントを入れたりはしていますが、やはり本物のファンを名乗るなら、その人の活動に対し何らかのお金を使ってこそ初めてファン「応援している」と言えるのだと思います。綺麗事では無く、プロとして活動している方を応援するのはそれが一番の方法だと僕は信じています。※Twitterでインフルエンサーのはあちゅうさんも言っていましたが。

雑誌を買う。DVDを買う。映画を見に行く。など様々ですが、女優や歌手、グラビアアイドルなどと違い、モデルさんを応援するとなるとファッションショーに行くぐらいしか方法がありません。

non・no(雑誌)を買う、というのも1つの方法ですが、これらファッション雑誌は基本モデルさんをフィーチャーしているものではなく、服や雑貨をフィーチャーしています。

それならば、やはりファッションショーに行くしかない!

モデルさんを陰ながら応援する方法

SNSで知ったのですが、佐藤エリさんはこのところ毎回『東京ガールズコレクション』に出演されているとのこと。

『東京』というぐらいなので会場は当然東京もしくはその近辺です。関西に住む僕からすると、それなりに気合いを入れないと行けない距離です。

しかし休みを作ってでも行こう!と決断。

そのころ投稿したのが下記

いざチケット購入へ!

いざチケットを購入しようとWebサイトを訪れました。

指定席は全て売り切れ。

ふむふむ。自由席はまだ空席があるな・・・。

料金は4000円~5000円ほど(すみません。ハッキリ覚えていません(゚Д゚;))

よし。いざ購入!

と思った直後、横の注意書きが目にとまりました。

『女性向けのイベントにつき男性1名様での入場はご遠慮いただいています』

なっ、なんですと!

独身の野郎(ヤロウ/おっさん)はガールズコレクションの会場に入ったらアカンのですか⁉

まさかの『ヤロウお一人様はお断り』だったのです。

いたしかたありません。

佐藤エリさんのことは陰ながら応援することにしました。

エリさんの私物がオークションに!

そうこうしていると佐藤エリさんのインスタグラムで『東京ガールズコレクションで着た私物をチャリティーオークションで出品します!』との投稿が!

はじめはレディースのTシャツやキャップが出品されているということで、さすがにこれは購入できないな、と思っていました。本当に本当の話ですが、僕には特別なフェチはありません。
女子の私物の臭いを嗅ぎたいとか、実際自分が試着したいとか・・・。
おっと。書いていて自分の姿を想像すると気持ち悪くなってきました笑

なので、はじめはこのオークションにも参加するつもりはなかったのですが、インスタでエリさんファンが盛り上がっているのを見るとついつい気になってしまい。

このオークションが東日本大震災へのチャリティーであることも後押しとなって、とりあえず入札だけすることにしました。

そのことをインスタでエリさんに報告すると、「誰も入札してくれないかと不安で・・・」という返信をいただき、「やっぱ入札してよかった!」と思いました。

はじめは軽い気持ちというか、少しでもエリさんのオークションが盛り上がるといいなという気持ちで。

最初最高額入札者は1万円ぐらいだったでしょうか。取り急ぎその千円ぐらいのみ上回る価格で入札してみました。

その後しばらくは僕が最高落札者でした。

「さすがにこのまま落札ってわけにはいかないよな・・・」と思いながらも、何となく自分が最高入札者のポジションにいると、悪い気はしないものです。

インスタグラムでも盛り上がってきます。他の女性ファンのかたも「オークションがんばります!」等の投稿が。

そーなんや。もり上がってるな。でもやっぱ・・こういうのは女性ファンが落札すべきだよな・・・。

すると予想どおり、2、3日で誰か別の方が僕の入札価格を越える人がでました。

うん、うん。このまま僕は身を引こう。

・・・。と、思ってはいたのですが。

当初予定していた金額までまだ少し余裕があったので、もう少し金額を上げて入札してみよう。と、頑張ってみました。

するとどうでしょう。オークション終了の前日辺りまで僕が最高入札者です。当日になっても動きがありません。

このままいけるかも!

と、思い始めると欲が出てきました。

やっぱファンの称号としてエリさんの私物欲しい!

しかし現実はそれほど甘くありません。終了5分ぐらい前にいきなり動きがでました!

数名が僕の入札価格を上回る金額で入札。僕も負けじとその金額を越えて入札。

ヤフーオークションでは終了時間に復数名が近しい金額で入札した場合、そのオークションは延長されることになっています。

ふー延長か・・・

と、少し気が重くなったものの、この時既にトップを譲る気などなくなっていました。

ここまできて負けられない!少しぐらい予定金額を上回ってでも落札する!と。東京ガールズコレクション行ってたら旅費やチケット代や宿泊費等で3万円は下らなかったはず!

恐るべきオークションの魔力!

落札して届いた商品には

タイトルで既にネタバレしていますが、結果は僕が落札。

かくして届いた品物がこちら。

箱を開けたとたん玉手箱か!?というぐらい香水の良い香りがしました。注)僕はこれまで玉手箱を開いたことはありません。

↓エリさんの自筆サイン入りフォト

↓オークションで最もプッシュされていたキャップ

シャツに・・・ベロアのロングパンツ!?

↓中にはデニムのホットパンツまで!(ショートパンツ?)

おおーっ!・・・と思いましたが、さすがに、ここで冷静に戻りました。

いかん、これはさすがに・・・。独身のオッサンの部屋にあってはいけないものに違いない!

いくらチャリティー且つ、有名人の私物を正規に購入した商品とはいえ、僕の部屋に若い女性のシャツやパンツ(パンティーではない)があるのはいかがなものか。

エリさんの女性ファンを押し退けてまでオッサンの僕が落札してしまって本当によかったのか・・・。きっとこれら商品達も、女性に落札されて身につけられて太陽の下、外の空気を吸いたかったに違いない・・・

自責の念に駈られました。

その時、あることを思い出しました。

そういえばインスタグラムで、ずいぶん前からエリさんを応援しついるという女性ファンがいて、オークションでも頑張るって言ってたような・・・。

その人に譲るべきではないのか。

僕は今回、商品を落札したことで一通りの目的は果たしたわけです。「エリさんを応援している証として売上に貢献したい」「エリさんのオークションを盛り上げたい」そして「チャリティーに参加して、被災地の支援がしたい」

それら目的を達成した以上、もはや、これら女性ものの服は僕の手元になくてよいのです。

意を決して、前述の女性ファンに連絡してみました。

「いつもインスタグラムで、エリさんの投稿にコメントされているのをお見かけします。僕のようなおっさんが持っているより、女性ファンが持っている方がよいかと思い連絡しました。ベロアパンツやホットパンツだけでも(もちろん無償で)お譲りしようかと思うのですが・・・」

もちろん、住所などは聞かず私書箱に送るなどして、お届けするつもりでした。

が!!!

まさかの回答が

「いえ、実は私もおっさんなんですよ」

次回に続く

↑ ※この区切りが非常に気に入ったため、1回にまとめるつもりでしたが次回に継続することにしました 笑

注)今回および次回、投稿に登場するエリさんや、エリさんファンのかたのコメントは一字一句正確なわけではありません。
インスタグラムのコメント欄でのやりとりにつき、履歴が見つからず、僕の乏しい記憶をさかのぼり掲載したものとなります。ご了承ください。

 

 

【体験談】京都で献血してみた。~最近の献血はこんなにも快適になっていた!~

月並みな入りですが、毎日暑いです。特に最近仕事でよく京都を訪れる僕にとって今年の暑さは応えます(京都は特に蒸し暑い・・・)。

さて本日はタイトルの通り『京都で献血してみた』です。当ブログでいつも「偽善でもよいから善い行いをしよう!」と、説教くさく呼びかけているだけに、たまにはそれらしいことをしておかなければと思っていたところ・・・

ヨドバシカメラの前を通ると、この炎天下に、お姉さんが『献血お願いします』という札をもって立っていました。同情したのと、自分だけでも涼むことができたらという下心が少々あり、献血センターに向かうことにしました。

最近の献血センターはこんな感じ。京都ならではの何かがあるか!?

やっぱり待合室は和室!? 無料で振る舞われるドリンクは抹茶なのか?などと馬鹿なことを考えながら入りましたが、意外と普通でした。

ですが最近の献血ルームは本当にきれいです(昔は献血カーでしか献血したことが無かったからな~。献血センターは昔からこんなに綺麗やったんか!?)

↓待合室もおしゃれな空間でした。※神聖な献血センターで写真撮影などふざけたことをしてもよいものか、この辺からドキドキしながらシャッターを切り始めます。

DSC_1822-s2

↓ドリンク(無料)とスナックが頂けます。ここにはアイスクリームまでありました! ※こそこそ撮影していたため、手ぶれ画像になっていますね。

DSC_1821ーs

↓献血室もこの通り綺麗です。

DSC_1820-s

血圧を測り、簡単な問診を行った後、血液検査を。

↓は血液検査後の腕。

DSC_1823-re

 

いざ献血開始!

程なくして献血開始。思い切って看護師さんに「ブログ用に写メ撮っていいですか?」と聞くと、「ブログで紹介していただけるんですか!?」と逆にノリノリで何枚も撮影してくれました。「もっとこんな角度からも取りましょうか?」と 笑。看護師のお姉さん、ありがとうございました!

注)ここでいう「お姉さん」とは、『年上の女性』という意味ではありません。

↓その時撮影していただいた画像の中の1枚

DSC_1825-s

↓こんな血圧計もあるんですね。

DSC_1828-s

帰り際に粗品を頂きました。七夕前ということで特別にクッキーもついていました。

DSC_1830-s

↓そのクッキー。味はイマイチでしたが、気持ちがこもってい(るような気がし)ました。

DSC_1836-s

本日の結論

京都だからと言って、特に他の場所の献血と相違はありませんでしたw。

その他、今回は特に何か主張があるわけではないのですが、

皆さんも時間があれば献血にいきましょー!

という、大きなお世話的な結論に達しました。涼しくて綺麗で、ドリンクやスナックがいただけて、30-40分で終わる快適なものになんですから!

 

  

【体験談】胃内視鏡検査を受けてきた! 3(番外編) ~何度でも言おう!震災支援や募金を偽善と言うな!~

同シリーズの番外編です。

我慢した後の刺激物やアルコールは格別!

内視鏡検査後(何事もなかった時)の恒例行事として僕は、毎回病院帰りに阪急高槻市駅の改札横にある『髙山ラーメン』でピリ辛みそらーめんと生ビールをいただくことにしています。

DSC_0658s

検査前日は夜9時から絶食(翌日AM11:00に検査の場合)。当日朝9時~検査終了までは水分を取ることも出来ません(これ自体は大したことないですけど 笑)

ポリープをカットしてもらった時に関しては、3日ほど激しい運動と刺激物そしてアルコールを控えなければいけませんでした。

お酒については、普段でも週に2,3日は飲まない日があるので、検査の前日やポリープカット後3日飲まないことなどさほど苦痛ではないのですが、人間「してはいけない」と言われると我慢するのがつらくなるものです。

そういったこともあり、プチ断食の終了と、検査で問題がなかったという安心感の中でいただくピリ辛ラーメンとビールは格別です。同じものをいただくのでも、ちょっと我慢した後にいただくと美味しさが倍増するんですね!

支援や募金する人のことを偽善者とかいうな!

今回髙山ラーメンのお支払いをするとき、レジに熊本地震の救援募金箱があるのに気づきました。

僕には大したことはできませんが、気づいた時には支援募金をするようにしています。他方、微力な自分と違い、著名人などが巨額の献金をしたとか、忙しい中情報を拡散したりとか、現地にボランティアに行ったりというニュースを聞くと、本当に頭が下がります。

DSC_0659s

にもかかわらず今回もやはり現れましたね。支援や募金をする人達を匿名で叩く輩が!

偽善者だとか、売名行為だとか、指先だけ(スマホで情報拡散するだけで実際現地に行ったり支援したりしていないと揶揄)とか。目的がなんであれ、困っている人を助けようとしている人達を誹謗中傷して、足を引っ張って、一体何の得があるんでしょう。

こういった人達こそ、自分たちは(他人を攻撃して足を引っ張ったりしている以外)何もしていないのではないでしょうか

当ブログでは何度も言っていますが、

偽善だろうと売名行為だろうと、困っている人がいるのなら、支援はやらないよりはやったほうがいい!

そう考えています。
 
下記は過去のエントリーより
東日本大震災から5年 2 ~人道支援する人のことを偽善者と呼ぶな!~
 

  

【関連記事/Related Article】

東日本大震災から5年 2 ~人道支援する人のことを偽善者と呼ぶな!~

本日はTOEICの試験でした。以前「近日中にTOEICで850点を取る!」と豪語してしまっているので、そろそろ700点オーバーはしておきたいところです。※ちなみに前回(2月)はTOEIC660点、英検準一級は不合格Bでした。

『飛躍の前の静けさ』だと、自分ではそれほどへこんではいないのですが、特筆すべき結果でもないので、本日まで公表していませんでした。ただ、このままだと『粉飾決算報告』みたくなるので、本日発表することに 😥 。※下記ご参照ください。面白くないグラフですね。

201603TOEIC

さて、それでは本題に。

被災地支援は偽善か!?

当ブログでは以前より取り上げているテーマです。

かつてより、これだけは断言しています。

誰かが喜ぶのであれば、そして誰かが救われるのであれば、偽善でもなんでも、しないよりはした方がいい。

著名人が行っている被災地支援について、2、3紹介させてください。

まずは、当ブログに度々登場する『永江一石』さん

永江氏支援

永江氏の売り上げの5%といったら相当な額になると推測されます。それに額に関わらず、誰にとっても収入の5%を寄付するということは大変なことだと思います。

次に『ロンブー淳』さんと『カンニング竹山』さん。当ブログの過去のエントリーをご覧ください。

【ヒーローニュース】ロンブー淳さんの活動2 ~「偽善と言われようとも・・・」東日本大震災直後に淳さんが取った行動とは~

【ヒーローニュース】『心優しき応援団』被災地支援を続けるカンニング竹山さん

少し話はそれますが、先日、薬物疑惑で逮捕された清原容疑者が、芸能界の大物司会者も『ヤク中だ』と語ったとされる記事を受け、ネット上にはさまざまな有名人の名前が憶測で飛び交い、ロンブーの淳さんもその中に名前がありました。

こういう噂って怖いですよね。淳さんに憧れをいだいていた僕でさえ「火のないところに煙は立たない?」と少し疑ってしまったのですから。

その後下記のようなコメントをされていたので安心しました。

ロンブー淳否定

他人の噂など信じてはいけないとはわかっているのですが、本人ともお会いできない場合、どうしても噂話が気になってしまい・・・。

僕もまだまだですね。

人道支援する人のことを偽善者と呼ぶな!

さて、最後になりますが、タイトルについて。

前述の記事で淳さんも、「偽善者と呼ばれる」ということを気にされているのがわかります。もしかすると、我々が想像する以上に人道支援や募金をする人に対する風当たりは強いのかもしれません。

実際2016年の3/11にも、茂木健一郎氏のブログで下記のような記事を見つけました。

脳なんでも相談室。東日本大震災から5年ですが、Twitterのトレンドに「偽善者」という言葉がありました。

茂木氏は、その性格からか、影響力の大きさに配慮してか、すごく寛大な発言をされています。しかし僕は、人道支援や募金をする人達のことを『偽善者』と呼ぶ『こころ無い人達』に怒りを覚えました。

そこで投稿したのが下記ツイート。

mytweet偽善

人道支援や募金をしない人のことを悪く言うつもりはありません。しかし支援や募金する人のことを、わざわざ悪く言う理由が僕にはわかりません。もしも支援者や募金者に偽善的意図があったとして、それがいったい何だっていうのでしょう。それによって救われたり、よろこんでくれたりする人がいるなら、それでいいじゃないですか。

僕も台湾台風被害や震災募金、献血なんかを積極的におこなっています。偽善的意図もあります。それでも、喜んでくれる人がいるなら、よろこんで支援します。

政界と東北のサンタから、2つのクリスマスプレゼントが届きました。~分身ふなっしー募金とツイッターというトナカイに乗って~

下記は多くの要望によって復刻版が発売された茂木健一郎氏伝説の(?)名著

生きて死ぬ私 (ちくま文庫)

 

  

【自慢】いいことした話 ~京都の人は、うらおもてがあって冷たいってホント?~

またも『いいことした自慢』です。

いいことした話

昨日は就活の面接で京都に行っていました。いい感じの面接を終え、大阪に戻ろうと京都駅の改札あたりまで来た時、事件(そんな、たいそうなものではないけどw)が起こりました。

前を歩いていた初老の紳士が定期入れを出した時、何やら四角い紙を落とすのが目に入ったのです。その紳士は、落としたことに気づかず改札を抜けホームへと向かっていきました。僕が、その落としたものに近づいて確認してみると。

特急券でした。

苫米地氏の著書『即断即決「脳」のつくり方』を読んで以来、行動に瞬発力が出てきた僕は、すぐさまその券を拾おうとしたのですがが・・・。

ここからがいつもと違うパターンで。

その券を拾おうと、僕を含め、なんと3人の人が一緒に手を出していたのです。

中学生くらいの女の子と40代くらいの女の人と僕。

結局女性二人が遠慮して手を引っ込めたので僕が拾い上げ、ダッシュで持ち主の紳士のもとへ。何度もお礼を言っていただけました。

なんかすごく得した気分。(同時に拾おうとしていた女性2人、おいしいところを持って行ってしまいスミマセン!)

実は大阪に住んでいるとたまに、「京都の人は本音と建て前を使い分ける、うらおもてのある人が多い」という噂を耳にすることがあります。

しかし昨日は(たまたまなのかもしれませんが)、落とし物に対して瞬時に3人もの人が拾って持ち主に返してあげようとしていました。大阪でもなかなか見かけない光景です。

京都の人「あったかいんだから~」とクマムシの局が頭の中を流れました。

これっていいこと?悪いこと?

で、今日はもう一つ『いいこと』にまつわるお話を。

大阪地下鉄には1日乗り放題(平日800円、土日600円)のチケットがあります。

このチケット、大阪旅行や、その日、色々な駅で乗り降りする予定がある人にとってはすごく有用です。僕は地下鉄の終点(発車)駅からいつも乗り降りするため、夕方や夜から電車に乗ろうと切符を買おうとしていると、時々この1日券を使い終わって必要なくなった方が「よかったら使ってください」と声をかけてくれる親切な方がいらっしゃいます。皆さんの中にも、そういった経験をされたかたがいらっしゃるのではないでしょうか?

僕も実際使い終わって駅の改札を出た時に、切符を買おうとしている人を見かけると、「あげようかな?」と思うことがあります。

しかし、ちょっと待てよ・・・。

これって大阪地下鉄で働いている人の立場に立ってみるとどうなんやろう?本来売り上げになるはずのチケット代を、乗り放題チケットの受け渡しが行われることで無くなっているわけですよね。もちろん転売などすることと比較すると、そこには親切心しかないので、本来は『いいこと』でしかないのですが。

僕はいつも上記のことが頭をよぎるため、この1日乗り放題のチケットについては、あげたりもらったりはしないようにしています。※でも「使ってください」という親切心をくじきたくないので、一旦もらったふりをして、使わないようにだけしています。

これって、考えすぎでしょうか?皆さんはどう思われます?

下記は記事内で一瞬だけ言及した著書『即断即決「脳」の作り方』です。これのおかげで僕は幾分か決断が早くなりました。就職については、内定いただいた会社があるにも関わらず、事情があって未だ決めかねていますが・・・。

あなたの収入が必ず増える!!即断即決「脳」のつくり方

 

 

他人に良いことをしたら、自分にも良いことが返ってくる? ~岡田斗司夫さんにお会いした話もあります~

本日はブログらしいブログです。少々手前味噌なお話ですが。

その前に、知る人ぞ知る有名人の岡田斗司夫さんに、先週の金曜日(2/19)お会いできたというお話を少しさせてください。

岡田斗司夫さんについて

ホリエモンの『逆転の仕事論』ではトリ(最終章)を務め、テレビ朝日系『正義のミカタ』にも毎週出演されている、あの強烈キャラの人と(先方は仕事か宣伝活動の一環とはいえ)一対一の状況で会うことになるとは何か不思議なものを感じました。ホリエモンに対しても少し上から話す感じの、一時は同時に80人もの女性と付き合っていたという伝説の持ち主ですが、普段はオーラを消しておられるのか、僕と会ったときは物腰の柔らかい親切な方でした(この話、営業妨害でしょうか?w)。

岡田さんサイン

岡田斗司夫サロン

僕がした良いこととは?

その日は友人と飲みに行き、いろいろな話をして楽しい時間を過ごしました。

翌日堺市の実家に帰る途中、2日酔いで結構ふらふらしながら電車を降りた時のこと。先に降りた人が何故か後ろを振り返っているので「どうしたのかな」と思い僕も振り返ると・・・

電車に乗り込もうとしていた、少し年配の女性のカートが、電車とホームの間に挟まれて抜けなくなっていたのです!

それを見た瞬間、反射的に体が動いていました。カートの柄をつかみカートを電車とホームの隙間から一気に引き抜いたのです。女性は「ありがとうございます!」と丁寧にお礼をおっしゃられ、電車は無事発車しました。

この時自分でも驚いたのが、状況に気づいてから手助けするまでの対応の早さです。これまでの僕は、誰かがつまづいて倒れそうになった時や、困っている人を見かけた時など、直ぐに声をかけたり手を差し伸べたりすることが出来ない人間でした(いや、しなければいけないとわかっていながらも、躊躇したり、誰か他の人が手を差し伸べるかもしれないと一瞬様子見をしてしまったり・・・)。

それが今回に限っては自分でもほれぼれするような瞬発力 笑。良いことをした後は気分がいいものですよね。アドラー心理学にある幸せの定義の一つ『貢献感』を充分に得ることが出来ました。

駅を出ると、雨が降り始めました。ふと前方に目をやると、今度は腰の曲がったおばあちゃんが、乳母車(ベビーカー)から荷物を道に広げて何やらしていました。雨にぬれていたので傘を差しかけてみると、そのおばあちゃん、乳母車の中に入れていた傘を取り出していたのだとわかりましたので、安心してその場を離れました。

雨にもかかわらず、すがすがしい気持ちで、昨夜から止めていた自転車を取りに駐輪所に行くと、時間は正午をだいぶ回っており、駐輪所に延滞料金を払わないといけない時間になっていました。財布を取りだそうとしていると、駐輪所の男性が「少し時間過ぎてるけど、サービスしとくよ!」と言って自転車と濡れたサドルを拭くようのタオルを渡してくれました。

良いことをすると、些細なことでも良いことが返ってくるんですね。何より『貢献感』を得られるという、充分なお返しをいただけていますし・・・。

さて、話は戻りますが、今回僕は何故、反射的にカートを引っ張り上げたり傘を差しだしたりできたのでしょうか。

最近読んだ2冊の本の効果が早くも出ているのだと思いました。

ゼロ秒思考』を提唱するマッキンゼー式ロジカルシンキングと、「食べ物は1秒で決める」という苫米地英人氏の『即断即決「脳」の作り方』の影響です。

それまでの僕は、おそらく外食時注文を決めるまで、平均3~5分かかっていましたから 笑。

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

 

あなたの収入が必ず増える!!即断即決「脳」のつくり方