【素人にも出来た!】THUNDERBIRDメールを複数PCで同期させる方法4 ~[必要前提知識③] POP3とIMAPのメール保管容量の違い。~サーバー設定でIMAP設定したら10日経たずサーバーがダウンした!~

X2サーバーにもIMAP設定があった

前回のまとめ

前回、メールの仕組みには『POP3』と『IMAP』というものがあり、それぞれ下記のような特徴があるとお話ししました。

POP3の特徴

① メールサーバーのデータ保存容量が限られている(極小)

② 一定期間後にサーバーのメールデータを削除しないとパンクする

③ サーバーからメールのデータを常に削除するため、データをダウンロードしたPCでしか、その後の閲覧が不可になる

IMAPの特徴

① メールサーバーのデータ保存容量が大きく、ほぼ無制限に保管可能

②  常時サーバーにメールデータが保管されているため、いつでもどこからでも、ログインさえすれば閲覧・編集が可能

③ サーバーにあるデータを操作するので、どの端末から操作・編集しても同期が行われる

というように(Thunderbirdメールでデフォルトで使われている)POP3は非常に使い勝手の悪いシステムだということをお話ししたのでした。

↓以下、前回投稿

■第3回 ※前回投稿

前回最後で判ったこと。

ところが、最近になって(からでしょうか)、Thunderbirdの設定とは別に、メールサーバー側の設定をPOP3からIMAPに変更できるということが判りました。

元々POP3を推奨していた『X2メールサーバー』や、私的に使っている『ロリポップメールサーバー』でも、設定をPOP3からIMAPに変更できるのだと。

しかも、同期も実現できる様子・・・。

で、早速試してみることにしました。

↓以下、前回までの投稿

■第1回

■第2回

サーバの設定をPOP3からIMAPに変更してみた

ちなみに下記はロリポップメールサーバーのメール設定マニュアルページの一部です。

↑赤枠内に記載があるとおり、サーバー側で切り替えられるようです。

なんや・・・メールサーバー側でIMAPに設定すれば簡単に同期できるやん。

そして実際に、自分のサイト、およびシステムを担当させていただいている会社で設定してみました。

※最低限の調査、聞き取りに加えリスクヘッジは行った上です。適当に『試したった!』というわけではありませんので悪しからず💦💦

するとどうでしょう。

複数のPCでIMAP設定したところまではよかったんです。

確かに複数PCでメールの送受信ができます。同期もされています。

なんや・・・意外と簡単やん。

と思ったのもつかの間。

設定から2週間日も経たないある日、その会社から電話がかかってきたのです。

お世話になっている会社のメールサーバーがダウン!?

突然メールの送受信が出来なくなった

その会社から受け取った連絡では、

今日の午後3時頃から約3~4時間、まったくメールの送受信が出来ません・・・

とのこと!

これは大変なことです。通常1時間の間に4~5件の予約メールが入ってくる会社です。そのメールが3,4時間も不通になっているということは・・・

メールサーバーがパンク(※)したに違いない!

※これをIT知識の高い人たちの間では『サーバーダウン』というのか!?

慌ててその会社に出向きメールサーバーを確認したところ・・・

約500件ぐらいのメールが溜まっていたと記憶しています。そして4~5時間前から、新規の受信メールが全く入ってきていませんでした。

たった500件程度でサーバーがパンクするのか・・・!

メールサーバーの保管容量に変わり無し!

考えてみてください。GmailやYahoo!メールなら受信トレイに未読メールだけでも1,000件、多いときで10,000件溜まっているなんて事もあります。それでも問題なく動いています。

それが、元々POP3対応(推奨)だったメールサーバーでは、いくら設定をIMAPに変えたところで、

メールコピーの保管容量に変わり無し!

ということだったのです。

ここでまた、メールサーバーを郵便局に例えてみましょう。(これ不要?)

これまでPOP3郵便局では「郵便物のコピーは保管開始から○○日で廃棄しますよ~」と言ってきました。

そのPOP3郵便局が、

「これからはIMAPサービスを開始します。希望されるお客様の郵便物に関しては、コピーを、廃棄の依頼があるまで、ずっと保管しておきますね~。」(IMAP対応)というサービスを開始したとします。

でも当郵便局は保管スペースがあまりないので、倉庫がいっぱいになったら郵便物を受け取るのも発送するのもストップしますよ~(もともとPOP3対応だったし~)。

と言っているような状態なわけです。

その会社のメールシステムが受信するメール数は1日平均80~100通。メールサーバーにはX2サーバーを使っていたのですが、500件ほどでサーバーがパンクするということは・・・約1週間で送受信しなくなるわけです。

とはいえ、IMAPにはPOP3のように『メール受信から○○日でメールを削除する』という自動設定がありません。毎日こつこつメールサーバーに溜まったメールを削除しなければなりません。

それでももし短期間に大量のメールを受信したらパンクしてしまいます。

これでは意味が無いな・・・

やはり別の方法で同期設定するしかない、と気づいた

やはり以前WEB上で見かけた『Gmailを利用してThunderbirdの同期設定をする』という方法を取り入れるしか手が無いか。

「そんな方法があるなら、先にそのページのリンクを教えろ!」

と思われたかた。

僕もそうしたいのは山々(やまやまと読む)なのですが、残念ながら僕のPCの優秀なセキュリティソフトが、そのサイト内の『支払いシステムもしくはページに何らかのリスクがある』と探知したのです。

ページ自体には問題なさそうで、設定手順が親切に書かれた良いページだったのですが・・・

その為、今回は紹介を控えさせていただくことにしました。

また、そのページにはGmailを使ったThunderbirdの同期設定について詳細な手順が記されていたのですが、Gmailを使用する理由や概念などがあまり説明されていなかったため、分かりづらい部分も結構あったんですね。

そこでそれら概念も含め、次回・次々回といよいよGmailを利用したThunderbirdのIMAP同期設定についてご紹介していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA