「● ブログ集客・WEB解析」カテゴリーアーカイブ

ITで食っていこうと決めた僕が、全く関係ないブログを書く理由

なぜ本業と全く関係ないブログを書くのか

今回またも『自分ネタ』を投稿します。

ブログを始めて約3年、ブログのpv数は月間4000~5000、ランキング的に言うと『通訳案内士』『コーチング』『thunderbird 同期』など情報系(商材じゃないよ)が開始当初から最近までずっと上位を閉めています。

ITストラテジストの永江一石さんがよくこうおっしゃっています。「タレントや有名人でもない限り、自分の考えやポエムのようなブログを書いても誰も読んでくれない。それよりも一定数は必ず興味があるであろう『あなたの代わりに調べてあげました』という内容を書きなさい」と。

僕もこれまでその教えに従い、出来るだけ『誰かの為になるだろう情報』をブログにするよう心掛けてきました。

・・・が。

最近は僕自身の考え的な投稿を多発しています。

理由は後述しますが、やはりというか予想通りというか、そういう投稿にはアクセスが集まらず、結果ブログ全体のPV数も下降気味です。

そうなんです。

無名のオッサンの考えなど誰も興味ないのです。

にも関わらず、なぜ僕は人間関係や人生観、恋愛観などを書き連ねているのでしょう。

それは・・・

自分が最も興味あること

それが一番興味あることだからです。

もちろんIT関連のことにも興味あります。仕事をしていて、すごく熱中できるし、やりがいや喜びを感じます。

ですがそっち系では面白いブログを書く自信がないのです。

「人生観や恋愛ネタなら面白いブログが書けるのか?」とツッこまれるとツライところではあるのですが・・・

少なくとも仕事以外のことで、いつも僕の頭の中の大部分を占めているのは『人間関係』や『恋愛』のことなのです。これは幾つになっても変わりません。

「僕と同年代の人はどうなんだ?」とか、「若い人は全然ちがうのかな?」とか、「異性だとどうなんだ?」とか「僕だけが変なのか?」とか。

そんなことをいつも考えているので、ブログネタも容易に出てきます。

もう一つの理由

それともうひとつ。

僕は3、4年前にITの勉強を始めたばかりで、ようやく仕事なりだした、という駆け出しITマンにすぎません。ITネタで業界人を唸らせようなどと、100万年早いのです。

それにIT系とかの情報系ブログで読者の心を掴むのが如何に難しいかも知っています。

よほどのことがないと読者からコメントを戴いたり交流が生まれたりすることはないでしょう。皆さん、あくまで情報を得るためにサイトを訪問しているだけで、筆者がどんな人かとかどうでもいいですもんね。

それに対し、人生観や恋愛、人間関係などの投稿を続けていれば、いつかその考え方に共感した人、または全くの反対意見の人などが、僕に興味を持ち、コメントや質問等いただけるようになる(ことがあるかもしれない)のです!

今は誰も興味ないような投稿でも、コツコツ続けていればいつか固定読者やファン、そして(あまり嬉しくはないですが)アンチなども現れるようになるのではないかと考えています。

これが僕が最近『自分ネタ』を多発している理由です。

確信を持った永江さんのブログ

さて、このブログを書いているまさに今、永江さんの新しいブログが投稿されました。

そこには(ブログではTwitterに限定していましたが)Twitterに限らずSNSやブログでファンやフォロワーを増やす為の前提条件が書かれていました。

それがこちら

1 役に立つことをいう
2 面白いことをいう
3 共感できることをいう

が基本で、これさえできていれば普通にフォロワーなんざ、集まるわけです。芸能人はなにもしなくても集まるけどね。

僕はこれまで、永江さんの考えは1か2のみだと思い込んでいたのですが、3『共感できることをいう』という項目もあったのです。

これならできるかも!

2『面白いことをいう』についてもIT情報系のブログよりは『人間関係』や『恋愛』の方が書けるのではないかと思います。

これからは『共感してもらえるような』できれば『面白い』ブログを書くよう精進してまいります。

Today’s Recommend

本日はなんと言っても永江一石さんの著書でしょう。

永江一石のネットが面白くてナニが悪い!!: ブログ3年間でバズった59エントリー総まとめ
 

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編
 

聞くは一時の恥: 永江一石のなんでも質問 なんでも回答 メルマガベストセレクト 2012-2013 永江一石のなんでも質問 なんでも回答
 

素人の顧客の意見は聞くな: 永江一石のITマーケティング日記2012
 

Eye-Catch Photo by Timothy Perry on Unsplash

 

 

僕が個人事業主申請をした理由 ~SEOサービスって実際効果あるのか?を検証した結果~

個人事業主申請してきた

わたくしこの度個人事業主申請をしました。

※個人事業主申請とは

事業内容は以下の通り

職業:WEBデザイン・WEB解析業

・WEB解析
・SEO提案
・WEBサイト構築・ブログ構築/作成
・WEBサイトのデザイン作成・カスタマイズ
・(アフィリエイト)広告シェア

当ブログを読んでくださっている方や、リアルで僕と付き合いのある方はご存知かと思いますが、ブログ起ち上げ当初の僕はというとwebやシステムに対する知識は人並み、プログラミングなどはさわったこともないアナログ人間でした。

そんな僕が当ブログを始めたことがきっかけでシステムやセキュリティに興味を持ち、web解析に興味を持ち、プログラミングにも興味を持つに至ったのです。

3年間コツコツと勉強し、というより興味があったため、忙しい中でも苦もなく学ぶことができました。

きっかけは?

そんなある日、副業で勤めているホテルでマネージャーからサイトのSEO対策について相談を受ける機会がありました。

SEO・・・

業界と関係ない皆さんでも言葉ぐらいは聞いたことがあるかと思いますが、WEBサイトやHPなどを少しでも多くの人に見てもらえるように、ページ内の文章やコードを見直すという、あれです。

個人ブログ等ならまだしも、一般人相手に商売を行っている会社にとってはWEBサイトが、どれだけの人に見られるかというのは死活問題なんですね。

以前に比べると、このSEO対策がサイトの露出度に与える影響は低くなっているのですが、それでも各社、自社で対策したり、外部サービスに依頼したりしているところも少なくありません。

僕がお世話になっているホテルも例に漏れず、このSEO対策にそれなりのお金をかけていたようです。

そして、この日マネージャーに相談された内容というのが、

「毎年ホームページのSEO対策に結構なお金をかけていて、今年は大手のA社と契約しようと思っています。その前に確認しておきたいのですが、この依頼内容であればカズさんでもできますか?」

ということでした。

見たところ僕でも出来そうな内容だったのですが、そのころの僕はまだ自分の知識や技能に自信がなかったのと、ホテルが依頼しようとしていたA社が業界でもすごく有名な大手企業だったため、「出来ると思いますが、その大手企業のような効果は出せないと思います」と答えてしまったのでした。

結局ホテルはそのA社と契約することになったのですが、それでも僕がそのA社の業務に対する効果測定をさてもらえることになったんです。

業界のSEOサービスって実際のところ効果はあるのか?

初めて詳細を知ったSEOサービスの業務内容

で、いざA社の効果測定を始めてみると・・・

驚きました。

いや、すごかったのではなく、

えっ!?たったこれだけ?

こんな薄っぺらい仕事しかしてないんや!

ということに驚いたのです。

その企業が行ったのは概ねこんな感じ。

1) ペラッペラのサイト(というより1枚もののページ)に当該ホテルのリンクを貼っただけのものを30ページほど作り、それを外部施策とした。

2. 既存サイトの一部文章とメタタグを修正し、それを内部施策とした。

以上。

一般の方には少し聞きなれないワードがあったかもしれませんが、とにかく
「大手企業でもこの程度の仕事しかしないの?」という内容だったのです。

※支払い価格が(キャンペーン中とのことで)月1~2万円程度だったので、こんなものなのかもしれませんが。

これなら僕でも出来たな・・・と、初めて思ったしゅんかんでした。

次にホテルに営業に来たSEOサービス

前述のA社との契約が残り3ヶ月ぐらいになった頃、またマネージャーに呼ばれました。

「別のSEO対策サービスの会社(B社)がホテルに営業に来ているので同席して聞いてほしい」とのことでした。

話を聞くとこちらは前述のA社と違い、内部施策中心で、ミーティングで選出したキーワードを出来るだけ多く散りばめたページを新たに数ページ作るというものでした。

A社よりもかなりまっとうなやりかたなのですが、こちらは報酬金額の大きさに驚かされました。出来高制だったのですが成果報酬がバカ高い。

無償のキーワードランキングツール(GRC)で、『B社が選出したキーワードが、何位になったらホテルが⚫⚫円支払う』という成果判定基準です。

この成果でこんなに請求するの?

と思いました。

そして、その時初めて思ったのです。

これなら僕にもできる

いや僕の方が出来る!

と。

実際問題アルゴリズムやSEOに詳しいだけの外部サービスよりも、業界や顧客心理に詳しい内部関係者のほうがよほど検索率をあげられる要素があると言っても過言ではありません。

僕は(宿泊業界においては)その両方に詳しいのです。上手く出来ないはずがありません。

それに海外からのサイト訪問者、お客様が多いこの業界において英語が話せる、検索クエリが理解出来ている僕のほうが幾分か良いSEO対策ができると思いました。

ならば僕がやろう!※許可が得られれば。

とはいえホテルの受付業務はそれはそれでやることが色々あります。SEO対策も片手間でできるほどチョロいものではありません。

ならば僕が個人(事業主)として提案すればよいのではないか。

このホテルに提案を却下されても、他の業界でもSEO対策が必要な企業はいくらでもあるはず・・・!

これが僕が個人事業主になろうと決意したきっかけです。

そのことをマネージャーに伝えると「それ、すごくいいですね」と言っていただけたこともあり、早速ホテルの社長に対し提案をすることにしました。

そしてこの際、同時に僕の事業の『売り』が福次的に出来上がったのです。

僕の事業の売りとは

この提案をするにあたって、僕の業務もしくは成功報酬額をあらかじめ決めておかなくてはなりませんでした。

色々考えました。他の事業をされている方の話なども思い出しました。

「初めは500円でもいいから報酬をもらうという感覚を身に付けなさい」という人もいれば「初めは出来高性がいい」という人もいました。「出来高性にすると責任感がなくなるから、初めにしっかりした金額で契約し、何としても顧客に満足感を与えなくてはという責任を持って働くべき」という意見もありました。

いずれの意見も間違っていないと思います。そこで、僕の現状の経験、スキルに加え、この仕事をすることで何を得たいのかを考えました。

お金はやっぱり欲しい。

好きな女の子にいいかっこしたい。

でも今回最も頭から離れなかったのが
『実績を積みたい』というのと、『お世話になっているマネージャーに恩返しがしたい』という2つの気持ちでした。

ITストラテジスト永江一石さんの『はじめから金儲け目的で商売を始めて、真のお金持ちになった人はいない(※)』という言葉も思い出していました。※こんなニュアンスのセリフということで、一言一句正確な言葉ではありません。

『お金は二の次でいい』矢印右️『出来高報酬制でよい』
『恩返しがしたい』矢印右️『僕がどんな作業をしたかよりも、僕がどれだけホテルに利益をもたらしたか』にフォーカスすべき。

前述のA社もB社もそうですが、『こんな作業しました』とか『検索ランキング上げました』と、いっても実際その結果訪問者や売り上げが上がらないと意味がないのです。

どんなに頑張って調査したり、ページやサイトを作っても、実際にサイトへの訪問者が増えなかったり、増えてもその要因が僕が行った作業とは全く関係なかったりすると意味がないですよね。

突き詰めていうと、どんなにいい仕事をしても、依頼者の利益がUPしていなければwinwinの関係とは言えないのです。

僕は、僕が行った作業により期待する結果をもたらし、その後依頼主の満足を得られて初めてしっかりとした報酬をいただくべきではないのかと思っています。

そのことをマネージャーに伝えると、これにもすごく賛同していただけました。

「カズさんがその姿勢で仕事を続けていれば、必ずその事業はうまくいくと思います」と。

これが僕の仕事に対する姿勢であり、事業の売りです。

当面、実績を積むまでは、基本出来高、その成果の基準も『どれだけ顧客に利益や満足をもたらしたか』で判断していただくことにします。

Today’s Recommend

僕がwebサイト作成するにあたり参考にした資料の中で、最も分かりやすいと感じたのがこの本です。

HTMLやCSSのコードについて、編集前と編集後の違いが明確で、よくある「本の記述の通り進めたのに、その通りに表示されない」ということがほとんど起こりませんでした。

特に初心者には最適だと思います。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

それともう1つ。

初心者に優しいといえば様々なジャンルの授業を動画で放送しているスクーさんでしょう。

中でも僕は、WordPressにおいては『めがね先生』、HTML/CSSにおいては『田中晶子先生』の授業にお世話になっています。

Eye-Catch Photo by Mark Solarski on Unsplash

Schoo
 
 

 

優しきダメ人間(だった)僕と、優しきダメ人間(だった)キミへ1 ~『嫌われる勇気』はやっぱり教訓になる~

優しきダメ人間(だった)僕と、優しきダメ人間(だった)キミへ

うーん。我ながら良いタイトルを思い浮かんでしまった。

ブログを運用するなかで、「一体誰に何を伝えたいのだろうか」と考えたとき、このフレーズが頭に浮かんだので速攻で書き留めました。

40歳半ばで始めたこのブログ。僕も2019年にはついに50歳を迎えます。そういったこともあり、一度自分の人生と仕事、そしてこのブログについて見直してみようと思うに至りました。

このブログを始めた当初、僕には何の才能もスキルも無く、お金も無ければ彼女もいませんでした。

あると言えば英検2級の合格証と楽しかった過去の想い出  笑

わがままで、いい大人になっても尚「自分はいつかヒーローになる」という淡い希望をもったしがないオッサンがいるだけでした。

当時の彼女に捨てられ、仕事を失い、お金も無かった僕は、この時一念発起。何とか一人でも生きていけるよう、そしていつか人気者のヒーローになれるよう、時間と気力が許す限り、様々なスキルを学び、コミュニケーション術(コーチング等)を学び始めました。

そしてこのブログ『何のとりえもないおっさんがヒーローになれるか検証しているブログ』を開始。

悲しきダメ人間(だった)僕の成長と気づき

その間、いろいろな気づき、成長もあったと思います。

スキル面

スキル面で最も大きな変化があったのは何といってもITリテラシーの向上。

4年前まではブラウザって何?Chrome?OS?という状態だった僕が現在では、大手企業からWeb解析の仕事を頂いたり、全国展開する京都のホステルでシステムとwebを担当しているのです。自分でも未だに信じられません。

※スキル取得の経緯詳細については次回お話ししますね。

人間関係

人間関係では未だに仲の良かった友人と衝突し、関係が途切れることがあります。

昔テレビで見たヒーローのように『ちょっとわがままだけど、いざという時頼りになる、憎めない人気者』が僕の幼い頃からの理想像でしてた。

現実の僕は『かなりわがままで、あまり頼りにならない嫌われもの』です。

自分で言うのもなんですが、僕は友達ができやすいタイプです。人見知りですが「こんど飲みに行きましょう」という魔法の言葉で友達はすぐに出来ます。

反面思ったことは言わないと気がすまない性格の為、敬遠されたりすぐ衝突したりします。

2人新しい友達が出来たら3人の古い友達を失うようなペースでしょうか 笑 いつまでたっても友達の数は増えません。

以前はそんな自分が嫌いでした。悩みました。

「僕が他人を叱ったりダメ出しするのは本当にその相手のことを想っている時で、『その人に良くなってほしい』『変わってほしい』と思うからこそなのに、なぜみんな僕から離れていくのだろう?」と

『嫌われる勇気』で学んでいたこと

そんな時『嫌われる勇気』の数小節を思い出したんです。

人はその気になれば、相手の欠点や短所などいくらでも見つけ出すことができる、きわめて身勝手な生き物なのです。例え相手が聖人君主のような人であったとしても、嫌うべき理由など簡単に発見できます。

これはその人がどこかの段階で「この関係を終わらせたい」と決心をして、関係を終わらせるための材料を探し回っているから、そう感じるのです。相手は何も変わっていません。自分の「目的」が変わっただけです。

ー岸見一郎氏 古賀史健氏著 『嫌われる勇気』よりー

 すごく腑に落ちました。僕は恋人にせよ友人にせよ、相手に嫌な一面が見えると指摘するようにしてきました。大好きな相手に分かってほしくて。変わってほしくて。

ですが、これはもしかすると自分勝手なエゴで自分色に相手を染めようとしていただけなのかもしれません。

そしてその裏には『嫌われる勇気』に書かれていたように「相手に変わってほしいのではなく、僕がその相手と関係を終わらせたかっただけなのかも」と。

実際僕が相手の嫌なところを指摘した結果、ほとんどの人が去っていきました。僕はその全員のことが好きでした。
当時は悩みました。ですが・・・

「今後はあまり他人の課題に介入しないようにしよう」「できるだけの援助はしても、過剰な介入はしない。」と同時に、僕の気持ちや考え(介入ではなく「僕はこう感じた/こう思った」)を伝え、それで去って行く人は、やはり「僕の人生にその人は必要なかったのだ」と、考えられるようになりました。

むしろ「いなくなってくれてよかった。」「その人と一緒にいるはずだった時間、その人に費やすはずだったお金、それらをもっと有用な方向に活かそう。いつか振り返ったとき、あの時あの人と会わなくなったおかげで、今の自分がいると思えるようになろう」と考えられるようになりました。

同時に下記の一節も思い出しました。

すなわち、「自由とは、他者から嫌われることである」と。

ー岸見一郎氏 古賀史健氏著 『嫌われる勇気』よりー

当ブログを捧げる相手は!?

それ以来かなり楽になりましたね。

嫌な面を指摘しても尚付き合いのある人。そもそも嫌な面がない(見当たらない)人、もいるのですから。

これからの僕の人生、そしてこのブログ『何の取り柄もないオッサンがヒーローになれるか検証しているブログ』は、僕のような人間と未だに付き合ってくれている人達、そして僕と同じように優しい心を持ちながらも上手く人付き合いが出来ない、仕事でも上手くいかない、でも負けたくない、という人達に捧げようと思うようになりました!

Today’s Recommend

今回はなんといっても文中に出てきた著書『嫌われる勇気』でしょう。僕はホリエモン(堀江孝文氏)の著書もよく読むのですが、氏のブログやメルマガでも『嫌われる勇気』がよく言及されていることに驚かされます。

 

今更紹介の必要は無いと思いますが、まだ読まれていない方で、本投稿内容や引用部分に興味を持たれた方は是非!

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

そしてもう一つ。

これまであまりCD等楽曲のお薦めはしていなかったのですが、最近QUEENの映画を見たり、ロック好きの友人の影響もあり、自分が音楽(特にロック)好きだったことを思い出しました。

これからはちょくちょく音楽の紹介もしていきますね!

今回は『筋肉少女帯』のベストアルバム『筋少の大車輪』を紹介します。

40代、50代のおじさま世代ならご存じの方も結構いらっしゃると思いますが、ライブやカラオケでこの曲がかかると必ず盛り上がるという名曲『踊るダメ人間』が収録されています。

今回の投稿のタイトルとマッチするため紹介しました 笑  ※ちなみに同アルバムには『悲しきダメ人間』という曲も収録されています。こちらも名曲ですが(笑)、すごく短いです。

ベスト盤だけあって、この『踊るダメ人間』でさえ目立たなくなるほどの名曲揃いです。

筋肉少女帯の歌詞には「ダメなものはダメ」「ムリなものはムリ」というものが多く、当時流行った『夢は信じていれば必ず叶う』という考え方にアンチテーゼを唱えるバンドでした。

ちょっとひねくれ者やネガティブ思考のロック好きには最高です。

筋少の大車輪

これまであまりCD等楽曲のお薦めはしていなかったのですが、最近QUEENの映画を見たり、ロック好きの友人の影響もあり、自分が音楽(特にロック)好きだったことを思い出しました。

これからはちょくちょく音楽の紹介もしていきますね!

 


Photo by Brooke Cagle on Unsplash

月間PV数自己記録更新もファン数は0(ゼロ)。ブログの方向性を見直そうかと思う・・・。

月間PV数自己新記録更新

当ブログもおかげさまで3年目を迎え、結構な人数の方に訪問していただけました。

で、先月(2018年11月)久しぶりに月間PV(ページビュー数)の自己記録を更新しましたので、お礼とご報告をさせて戴くことにしました。

上記の通り、2018年度は更新回数が激減していたこともあり、PV数もかなり落ち込んでいました。

が、年末に入りサイトの改修を繰り返し、それに合わせブログも更新、更には英検関連の記事がアクセスを集め始めたことが功を奏し6086PVをマークしました。

当ブログは決してPV数向上やアフィリエイト収入を目的としたものではありません。

もちろん僕は有名人でもインフルエンサーでもありません。

しかも最近は月1、2回しか更新出来てないし。

にも関わらず、月間6千回PVというのは決して悪くない数字だと自負しています。

月並みですが、今こうしてこのブログを読んでくれている皆様のおかげです。

ありがとうございます。

本当に・・・🙇

ファンも固定読者もいない僕のブログの訪問者はどんな人?

とは言え当ブログ、

  • 少リピーター
  • 少コメント
  • 無ファン

という、3少が揃った少々寒い⛄ブログなのです。

ファンに関しては、読者登録欄やRSSなどを設置していないのでハッキリとは判らないのですが、恐らくいないか、いたとしてもごく少数だと思います。

※以前一度『あなたのブログに勇気づけられました』というファンとおっしゃる方からメッセージを戴いたことがあるのですが、そのときはすぐに僕がすぐに返信できなかったからか、ブログの方向性がブレブレだからか、それ以来全くコメントもメッセージも戴けていません。

↓その時の投稿が下記

これまでの投稿の訪問者数ランキング(↓)を見ても判るように、多くの方が個別の投稿を見るため訪問されている様子で、サイト自体やブログの運営者などには興味が無さそうです。

ですよね。僕のような無名のオッサンには誰も興味もたないですよね・・・。

■累積PV1位

■累積PV2位

■累積PV3位

集客目的のブログで無いとはいえ、3年近くブログをやっていて固定読者やファンが少ない(いない?)というのは淋しい限りです。

そこで月間PV記録更新したこの機会に、今後はブログのファンや固定読者を増やせるよう意識した内容にシフトしていこうと思いたったのでした。

ファンや読者がついて、コメントも頻繁にもらえるようになるには?

自虐的になっていてもしかたないので、今後固定読者様やファン様(なぜかここで様付け)を増やして行くにはどうすれば良いかを僕なりに考えてみました。

二日酔いの頭で考えたところ、必要条件として下記のようなところが思い浮かびました。

  1. 男前(イケメン) or 美女(かわいい)
  2. 「このフィールドでは右に出る者がいない」という程のマニアックな情報を提供し続けられる
  3. ガンガン本音や考えを発して、同様の趣味(趣向)の人から共感を得る、違った考えの人と意見をぶつからせられる
  4. 既に自他共に認める成功者

こうしてみると、

1.は無い(自分では結構イケてるつもりだが、あまり言われない。しかも既にオッサン)。

2.も自信無し。英語は準一級にも落ちる始末。ITは勉強中。コーチングに対する興味はほぼ無くなってるし。

4. は他人が認めてくれない。

と、すると・・・

3. の『ガンガン本音や考えを発して、同様の趣味(趣向)の人から共感を得る、違った考えの人と意見をぶつからせる。』しかないのではないか!?

と、いう結論に至ったわけです。

そこで、下記のようなテーマを新たに設けることにしました。

  1. 人間関係難しい!
  2. 素人が二日酔いを研究してみた

これまでの情報系コンテンツに、これら新カテゴリを加え、ブログの更新の頻度を上げていこうと思っています。

何か意見・感想・質問等ありましたら、備え付けのコメント送信、またはお問い合わせフォームからお気軽に投稿ください(好意的なものに限る 笑)。

Eye-Catch Photo by Fab Lentz on Unsplash

 

【動画設置】YouTube動画をブログに埋め込む方法を知ったので実践してみた

動画をブログに埋め込んでみた

最近すっかりプログラミングにハマっているわたくしKZです。

フロントページを中心にサイトのカスタマイズを色々行っています。

ハマりすぎてなかなかブログの更新も出来ていなかったのですが、更新していないと、いくらサイト自体の更新を行っていても訪問者は日に日に少なくなるものなのですね。

そろそろブログの更新をしなければ!」と思っていた矢先(”やさき”と読むそうです)のことです、先日Amazonで購入したhtml(プログラミング的なやつ)の本に、

YouTube動画をブログに埋め込む方法

という項目があったのです。

なんとなく「動画自体の埋め込みは著作権の侵害にあたるのかな」とか思いこれまで行っていなかったのですが、HP制作のマニュアル本に載っているということは大丈夫ということなのでしょう。

ブログ更新とhtml実践の一石二鳥ではないか!

と思い試してみることにしたわけです。

URLを掲載しただけの場合と、画像を埋め込んだ場合の訴求力の違い

「今さら!?」と言われそうですが、やってみました。

僕はこれまで(YouTube)動画をブログに埋め込む方法を知らなかったので、過去に動画紹介をしたときも、単に動画のURLを貼り付けるだけで、おおよそ訴求力の無いページになってしまっていました。

下記の投稿内に動画のURLが掲載されています。いちいち開いていただくのも恐縮なので投稿サムネイルの下にURLも添付してみました。

ザッカーバーグのアシスタントロボット
ーリンク元:English Centralー

嘘偽りのない自分でいる
ーリンク元:English Centralー

ニコラ・テスラ:天才で発明家
ーリンク元:English Centralー

失敗とはつまり生きること
ーリンク元:English Centralー

adidus CM  何かをして覚えられよう
ーリンク元:English Centralー

スティーブン・キング:「博識でなければならない」
ーリンク元:English Centralー

残念ながらこれではあまり「リンクを開いて動画を見てみよう!」という気持ちにはならないですよね。

『Engilish Central』さん自体は魅力的な英語学習動画を提供しているのですが、それらを紹介する方法としてURLを貼っているだけではやはりちょっと訴求力に欠けてしまいます。

※残念ながら『English Central』さんの動画の画像については僕のサイトに埋め込むことはできませんでしたを(おそらくEnglish Centralさんでそのような設定にされているのだと思います)。

当ブログ初の埋め込み動画

そこで今回は、YouTube動画から、僕が日本プロ野球史上最高のプレイヤーだと僕が思う、大谷翔平選手の動画を埋め込んでみました。

次に僕がニューヨークに行くきっかけとなった、日本プロ野球界でも屈指の人格者だと言われた松井秀喜氏の全ホームランを収録した動画です。

うーん。やっぱブロガーよりもYouTuberが全盛の時代、URLよりも動画のサムネイルがあるとブログの魅力も増しますよね。

簡単ですが、今回はこのように新たなブログ投稿設定が出来るようになったのが嬉しく、紹介させて戴きました。

設置方法はYouTube画面右下の『埋め込み』ボタンをクリックするとコードが表示されるので、それを表示させたいページのHTMLに埋め込むだけです。簡単ですよね!

今回の紹介商品

今回紹介する本は、WEBデザイン初心者には超お勧めです!

WEBページ作成方法について1から書かれているのですが(HTMLとCSS)とくにかく判りやすく、すごく参考になりました。

コードを書くときも逐一エディター上の行番号と拡大コードが表記されており、誤って記述したときも気づきやすい作りとなっています。

単純に「このようにコードを書くとこのように表示される」と書いてあるだけのマニュアル本が多い中、それぞれのコードの意味や概念なども説明されており、HTMLやCSSについての理解が深まります。というか、改めて「そういうことだったのか!」と気づかされることが多々ありました。

Amazonで色々なマニュアル本が紹介されている中でも、比較的出版時期が新しく、レビュー評価も高かった為購入したのですが、正解だったと思っています。

唯一短所を挙げるとすると本が大きく分厚いので重い、ということでしょうか。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

Kindle(電子書籍)も発売されていなかったと思いますので、『持ち運びが不便』というのが唯一の欠点かと思います。
 

 

無名のおっさんがまっとうにブログのアクセスを増やす方法について考えてみた

無名のおっさんがまっとうにアクセスを増やす方法について考えてみた

今回は『無名のおっさんのブログアクセスをどうすれば伸ばすことが出来るか』について考えてみました。
ここで『おっさん』を強調している理由は・・・

なにも自分がおっさんと呼ばれる歳であることを卑下しているわけではありません。
今回の記事はおっさんだけでなく、無名の一般人に広く共通する内容だということを強調したかったのです。

ただし御自身を美男か美女と自負していらっしゃる方については、この記事は読む必要はないと思います。
一部の美男美女に関してはこの記事に書いてあるような面倒なことをしなくても、セルフィ(自撮画像)を上げまくっておけばそれなりのアクセスを集められると思います。

ここでは『才能もルックスも並かそれ以下(自己判断でお願いします)でしかも無名』な人達を対象にしているという意味で『おっさん』を強調してみました。

当ブログが閲覧数を増やさなくてはいけない理由

話がそれましたので、そろそろ本題に。2015年に開始した当ウェブサイトとブログも早3年を迎えました。「無能だった僕がどこまでやれるか」をテーマに起ち上げたブログです。自分で振り返ってみて思うに、「結構頑張ったな」と思う部分がある一方、「相変わらずだな」と思う部分もあります。

まず始めにブログと僕が、この3年でどのように変化を遂げたか見てみたいと思います。※よろしければ下記リンク参照ください。

■ 現状のおっさん(グラフ)

●頑張ったと思う部分

【IT知識】
2015年:無職・IT音痴
2018年:システムやサイト構築・解析の仕事をしている。

【英語力】
2015年:TOEIC625点/英検2級/外国人コンプレックス
2018年:TOEIC790点/英検準一級一次合格/外国人9割以上のホステルでシステム業務と平行で受付の仕事もしている。

●頑張ったが成果が出ているのかどうか不明な部分

【恋愛】
2015年:彼女無し
2018年:彼女無し

【人間関係】
2015年:わがままな嫌われ者
2018年:わがままなちょっと嫌われ者

この3年で、最も自分でも成長したと思う部分が、ITリテラシー(知識)の向上です。

プログラミングを含めサイト構築は楽しく、また色々な人や会社のウェブサイトの訪問者数を上げる仕事が出来れば本当に楽しくやり甲斐もあるだろうと感じています。今後個人でIT
関係の仕事を取っていこうと考えるほどになりました。

しかし!

ここで一つ問題が発生。WEB解析でクライアントのサイトアクセスを増やす仕事をするためには、自分自身のサイトのアクセスを上げることができないと説得力は0です。

ちなみに下記が、この3年間の月別累計PV数です。

無名のおっさんのブログにしてはまあまあがんばっているかな、とは思うものの、これで食っていこうとするなら全くダメダメです。

そこで、3年間のアクセスからWEB解析士らしく解析し、今後アクセスを伸ばすにはどうすれば良いか考えてみることにしました。

投稿・更新件数がアクセス数に与える影響は?

まずは投稿数や更新数は大事かどうかについて。

毎日のようにブログを投稿していた2015年、週に2,3回投稿していた2016年、そして週一回~どんどん減り後半は月に1、2回しか投稿しなくなった2017年。

2017年中盤に賭け順調にアクセスを伸ばしていた当ブログも、後半右肩下がりに落ち込んでいきます。

これはいかん!と、2018年5月から月に5回は更新するようにしたところ、すこしずつ回復しはじめたようです。

やはり頻繁な投稿・更新はアクセスUPには必須のようです。

もちろん1日100PV程度のブログだと、自分がページを開いた場合も1回にカウントされるので、更新の際は確認作業が入るので、その分だけでも確実にPVは上がります。

しかしそれだけではなく、頻繁な投稿や更新があるサイトについてはGoogleから『このサイトは頻繁にメンテナンスされている優良なサイトだ』と評価があがるようなのです。

当然、コンテンツ(記事やページ)数が増えると、その分だけ、見てもらえる可能性のあるページが増えるということになります。

やはり頻繁な投稿や更新は必須ですね。

だからといって、内容の薄い記事や、文字数の少ないブログを投稿するのは可能な限り避けましょう。これをするとGoogleからの評価が下がります。

1日にアクセスを集めた記事ランキング

では次に、多くの話題を集めるような記事を多く投稿すればどうなるかを見てみましょう。

個人的に起こった面白いことをを記事にすると、知り合いからは反響があったり、コメントをいただけたりします。

それがたまたまインフルエンサーなどの目にとまりシェアしていただけたりすると、これまでにないほどのアクセスを集めることがあります。

実際僕のブログの1日のアクセスでいうと、永江一石さんにシェアいただいたときのこの記事。

1.2016/12/3 : 581PV

2.2016/12/3 : 581PV

また下記のような記事は、知り合いの方から反響があったりコメントをいただけたりします。

ですが、この系統の記事は、一時的に盛り上がってそれで終わりということが多いです。

それに対し、誰かが知りたがっている系の記事に関しては、時間が経っても検索されることがよくあるんです。

記事の内容自体が古い情報にならない限り、何年経っても、継続的にアクセスがあります。

それでは最後に、当ブログの累積PV数を見てみましょう。

当ブログ『何の取り得もないおっさんがヒーローになれるか検証しているブログ』の累積PV数ランキング

アクセスランキングは下記の通りです。

僕のブログで長期間PV数ダントツ一位なのがこの記事。

1.通訳案内士関連

次いでコーチング関連の記事(複数)が続き・・・

2.コーチング関連

3.フロントページ

4.コーチング関連

5.コーチング関連

6.コーチング関連

7.IT関連

8.コーチング関連

9.英語関連

そして最近になって、急速にアクセスを伸ばしている『英検』関連の記事。資格がなくても出来るようになった通訳案内士の記事が伸びなやんでいるのに対し、何十年間も英語資格の王道を走り続けている英検。さすがです。

10. コーチング関連

と、このランキングからも『無名のおっさんがブログのアクセスを伸ばす方法』が明確になりましたね。

結論

無名の、しかも成功者でもないオッサンの奮闘記など誰も興味ないのです。

今後、日記的ブログは極力抑え、出来るだけ誰かの為になる情報を発信していくことにします。

※追記

本投稿では明言を避けましたが、『つり』と呼ばれる、『読者の興味をそそるような大げさなタイトルをつけて、実際の内容はたいしたことない記事』や、『タイトルに有名人の名前を入れる』なども、アクセスを集める目的には一定の効果があるようですが、あまりにあざといことをやりすぎると、サイトおよびサイトオーナー自体の信用と評価を下げることになりますので、こちらも出来るだけやらないほうがいいでしょう。

 

 

 

2018年 サイトリニューアルしました! ~憧れの女性に堂々と見てもらえるサイト名と魅力ある内容に~

新年明けましておめでとうございます🙇

この投稿が2018年初投稿となります。

年末年始、飲み会が続いておりました・・・。だからと言って、それを理由にブログをさぼっていたわけではありません。けっして・・・。

実はこの度、当サイトのタイトルを刷新するとともに、サイト全体のリニューアルを行っていたんです。

理由は二つ。

もっともっと多くの人に見ていただけるサイトにしたい。

憧れの人にも堂々と見せられるサイトにしたい。

我ながらちょっとだけ面白い記事が書けた気がするので、お時間あるかたは読んでいってください。

1)現状維持ではイカンと思った

先日、以前勤めていた会社の後輩2人と忘年会を行ったのですが、この2人が、めちゃめちゃ頑張っていました。

いや、頑張っているというより、頑張ってないけど自然体で結果を出していた。ということに驚かされました。

もともと彼らには、ずば抜けた商才があるとは感じていましたが、予想を上回る活躍ぶりを見せていたのです。

僕も結構頑張ってるつもりやったんやけどな・・・。

で、その2人が僕のブログについて

「個人ブログで月間5,000PVはなかなか立派ですよね!」と言ってくれたのです。僕もその時は気を良くしていました。

ですがその直後、当サイトの訪問者数が突然急落しはじめたのです。

その前後に行われたGoogleのアルゴリズム変更が理由かもしれません。月間PV(ページビュー)数はすぐに4,000を切り、3500も下回ろうかという事態に。

Google先生何してくれてんねん!

と一瞬思いましたが、そんなことは後の祭り。小さな島国の無名ブロガーの叫びなど、世界的マンモス企業Google様のつま先にさえ届きません。とうとう月間PVは3,500をも下回りました。

※IT師匠と仰ぐ永江一石さんによると、「医療・健康関係の投稿については、その信憑性・正確性がこれまで以上に要求されるようになった」とのことでした。

確かに僕のブログも健康関連の投稿が(特にこのところ)多く含まれていました。もちろん医学的見地などありません。

それが急落の原因か・・・。

2)皆に堂々と紹介できるサイトにしたい

もうひとつの理由です。

僕は事実上の独立をしてからというもの、時間的には自由が利くようになりました。

平日の昼間に飲みに行ったり、深夜に私服で出かけて朝帰り、なんていうことも普通にできるようになりました。もちろん『スーツを着て通勤電車に乗る』なんてこともありません。

その分、周りからは

あの人、仕事何してるの?

ニート?フリーター?無職?

といった目で見られることもしょっちゅうです。

怪しい!そう、怪しい一人のオッサンなのです!

・・・それはともかくとして。

そんな身分不詳オッサンの僕でも、TVで見た美しいモデルさんや、おしゃれなお店で会った接客のすばらしい女性店員さんに恋したりあこがれたりすることがあるんですね。

そのかたがたに『僕は決して怪しい者ではありません』といういうことを伝えたいと思いました。通常であれば、名刺を見せたり実名のSNSアカウントを伝えたりするところなのだと思います。

ですが、その時の僕の名刺には・・・

HERO HEROIN MEETING(ヒロイン会)

何の取得もないオッサンがヒーローになれるか検証しているブログ

・・・いかん。ますます怪しい。

インスタグラムでもツイッターでもfacebookでも、僕のプロフ(プロフィールのことね。初めから短縮せずに言えよ、と言われそうですが、ネット民的に書いてみました 笑)には、当サイトのURLが掲載されています。

名刺も渡せないし、SNSで繋がることもはばかられるサイト名って、どーなん?

2017年中ごろから、non.no専属モデル『佐藤エリさん』のインスタグラムにコメントするようになったのですが、そんな中、エリさんから返信をいただいたり、僕の投稿に『いいね』をいただいたりするようになりました。

そして最近はツイッターでもエリさんから返信をいただけるようになったのです!(「インスタグラムでお世話になってます」というコメントを添えて・・・)

と、いうことは僕のブログやサイトを見た可能性も高いということです(ノールック『いいね』の可能性も高いですが・・・)。

だとすると『ヒーローヒロイン会』はちょっとマズい💦💦

いよいよ本腰を入れて新しいサイト名を考えなくては。

それまでも友人や知人から、

「ブログやってるんや~。何ていうブログ?見てみたいから教えて」と言われることもよくあったのですが、その度に「ひ、ヒーロー、ヒロイン・・・」と赤面しなくては答えられないサイト名だったのです。

ヒーロー、ヒロインってのがアカンねんな・・・

そんなこんなでついに、昨年末に一度、たったの2ヶ月程度でしたが、サイトのタイトルを変更したのです。

2ヶ月だけ使ってやめたタイトル

Still up for grabs 『まだ終わってなんかいない』

これが当ブログセカンドシーズンのタイトルでした。

かっこいいですよね。サイトのコンテンツにも通じる部分があり、気に入っていました。

・・・ある友人にこの新タイトルを聞かれるまでは・・・

飲んでいるとき何気なく友人に、当ブログの新タイトルを聞かれることがあったのですが、その時、あろうことか僕自身がそのタイトルを忘れていたのです。

制作者が忘れてしまうようなタイトル・・・

作った本人が思い出せないのだから、聞いた側が覚えているはずがありません。英語を勉強している僕でさえ初めて聞いた英熟語だったということもあるのだと思います。一般の人が聞いてもきっと???なことでしょう。

ダメだこれは・・・

もっとシンプルでおぽえやすく、気持ちがこもっていて、検索もしやすいワードはないのか・・・。

以外と身近にあったしっくりくるタイトル

上記のことから内容も含めタイトルを見直す必要がありました。

Google先生の気まぐれに簡単に左右されないような魅力的な内容のブログ、その魅力がよく伝わるようなタイトルに、早急にかえていかなければ。

ありました!

当初から独自ドメインとして使っていた

hisshi.jp(ヒッシ ジェーピー)が。

ということで、この度、タイトルとヘッダーおよびサイドバーのカテゴリー欄を変更することにしました。

始めて見た人でも、今後(出来れば長期にわたり)興味を持ってもらえるような、そして知人に紹介しても恥ずかしくないような、そんなコンテンツとサイト名にしようと思った次第なのであります。

憧れの人に自信をもって見せられるサイト。

 

僕がブログを書く理由 

僕がブログを書く理由

無名のオッサンがブログを書くということ

僕がブログを始めてから2年が経過しました。

このことについては、友人でさえ批判的なことを言ってくることがあります。

「あれだけ時間と労力をかけて、そこから入ってくる収入って、おこづかい程度にもならないんでしょ?一体何のためにやってるの」と。

はい。確かにここまでブログを続けてきて、相当な時間と労力を使い、その結果得た収入はというと、アフィリエイトの紹介料、月々約(100~500円)といったところでしょうか。

僕はブログを直接的な収入源にしようと思ったことはありません。もちろん少しでも収益があればそれにこしたことはありませんが。皆さん、僕のサイトに貼っているアフィリエイト広告から商品を買ってください!笑

【参考】
アフィリエイト収入金額 ~2015年10月以降の推移~

おっと、少々脱線してしまいましたね。もしサイトやブログを直接的な収入源にしたいのであれば、そこで何か商品やサービスを売ると思います。

ですが僕はそういったことを一切していませんし、今後もその予定はありません。

ではなぜ忙しい中、僕がサイトとブログの運営を止めないのかというと・・・

自分大好き人間だから!

・・・でもありません。

 

自作サイト(ブログ)は最強の営業ツール

僕は自作ブログについてこのように考えています。

1)自分のスキルや経歴を伝える履歴書

2)自分の考えを伝える公演会の場

3)自分と自分がプロモートする商品、サービス、活動などを宣伝する広告の場

4)データベース、プログラミング、セキュリティなど総合的にITリテラシーを高めてくれる学習ツール
※Wordpress等、サーバー契約なども自分で行うサイトを構築した場合に限る

5)自身の活動や学習、知識蓄積を記録するための備忘録

これらの要素を兼ね備えた営業ツールだと考えているからです。

実際2年前は人並(か、それ以下)しかITリテラシーのなかった僕が、現在では会社のネットワークを構築したり、ショップのオーナーから相談を受けてweb解析を行ったり、ソース(調味料じゃないよ)の改修を提案したりしているんです。

古いスタイルの履歴書や企画書を見て人材を選んだり、取引先を選ぶ時代はまもなく終わりを告げると思います。

その代わり、個人もブログ等の営業ツールを常備する必要が出てくるのではないでしょうか。

これが、僕がブログを書いている理由なんです。

続けていることで、実直で忍耐力のある人間だということも証明できますし。

数時間あれば出来てしまう履歴書や経歴書なんかより、このほうがよほど信憑性があると思いませんか?

中途半端な資格なんかより、スキルの証明になりませんか?

そして下手な企画書より説得力があると思いませんか?

そして・・・

うさんくさい広告なんかより、断然自分をアピールできる最強の営業ツールである

と僕が信じているからです。

今回の紹介本

前述のことを確信したのは、永江一石氏の下記ブログエントリーを読んだ時だったと思います。

高年の転職に見る「サラリーマンは自己表現ができない」の悲劇

上記ブログが収録されている永江氏の著書がこちらです。

永江一石のネットが面白くてナニが悪い!!: ブログ3年間でバズった59エントリー総まとめ

 

 

2017年9月第4稿(9/24日号)

ついにサイト名を変えた!他人に言うのが恥ずかしいサイト名とかありえへん! ~ところで名前を変えると検索順位やPV数に影響はあるか!? 頻繁に更新するとどうなる?も検証してみた~

サイト名の変更

約2年前、『HERO HEROINE MEETING(ヒーロー・ヒロイン会)』として起ち上げた当サイト。先日ついにサイト名を変更しました。

理由はというと・・・

1)2年間の運用の中で、当初と現在のコンセプトに乖離が生じた。

2)サイトのファンが皆無と言えるので、突然名前を変えても問題ないと判断した。

3)知り合いに聞かれたとき、答えるのが恥ずかしかった。

特に3)の理由が大きかったですね。「何ていうサイト?」と聞かれ「ヒーロー・ヒロイン会!」と堂々と言えなかったのです。

サイトやブログのタイトルを変えると検索順位やPV数に影響はある?

あまり関係ないと思います。

と言ってもしょせん月間5,000PV程度のサイトですので偉そうなことはいえないのですが、当サイトなりに検証してみました。
※PV (ページ・ビュー)

2017年8月の中旬にサイト名を変更したのですが、心配していたPV数や検索順位の低下は起こりませんでした(少しほっとしました)。

というか、むしろPV数も伸びているような気も・・・。

グラフの通り、2017年8月は

月間PV数自己記録を更新しました!

ありがとうございます。

※もしも興味のある方は『通訳案内士 難易度』や『コーチング うさんくさい』等のキーワードでグーグル検索してみてください。今も検索上位に表示されると思います。

毎日少しずつページの修正をするとサイトのPV数や検索順位は上がる?

「ページの部分修正でもいいから、更新頻度さえ上げると、Googleからの評価が上がり、SEO対策になる」という話はよく聞きます。
※SEO (サーチエンジン・オプティマイゼーション)

それならば、

毎日少しずつページの修正をすると、検索率が上がるのでは!?

という、楽をして最大の効果を得ようという悪魔のささやきが聞こえました。

で、早速実践。※7月後半から8月中盤にかけて。

半月でイヤになり止めました。

全く効果が感じられませんでしたし、何より中身の無い作業を毎日少しずつとはいえ行っている自分が嫌になったからです。

本日の結論

やはり楽して美味しい思いをする方法などありません。こつこつと読者にとって有用な情報を発信し続けることが、サイトやブログのPV数、ひいては読者やファンを増やす唯一のまっとうな方法なのだとわかりました。

と言うわけで、サイト名を変更してもこれまで通り、いや、これまで以上に実直にやっていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

今回の紹介本

今回はまた永江一石氏の書籍を紹介します。僕はSNSからブログ、サイトに至るまで、IT系コンテンツの運用についてはすべて氏のブログやメルマガ、書籍を参考にしています。

金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ: 永江一石のITマーケティング日記2013-2015 ビジネス編

 

 

2017年9月第3稿(9/17日号)

普通のオッサンでもアクセスを集める記事が書けた! ~僕のまじめな投稿でも、この内容なら反響ありました~

無名でも、一般人でも、投稿がバズる時ってどんなとき!?

いきなり「バズる」、とか偉そうに述べてしまった・・・

僕は有名人でもマンモスブロガーでもありません。ここでいう『バズらせる』というのは、あくまで『無名の一般人の投稿としては反響が大きかった』という程度だとあらかじめご了承ください(はじめにハードルを下げておこう・・・)。

さて、普通のオッサンがブログを含めネット上で発信を開始して以来、約2年が立ちました。

忙しさにかまけ、最近のブログ更新は週に1回程度となってしまっていますが、それでもサイトの更新・改修はマメにおこなっており、月間PV数は5000前後、1日に200~300回読まれた投稿もあるなど、無名の一般人としては頑張っているほうだと思っています(そうでもない?)。

前編となる今回は、その2年間の中でバズった投稿を紹介しつつ、「無名のオッサンの投稿でも、こうすればバズる(こともある)」ということを解説していきたいと思います。

※『バズる』というのは、投稿が多くの人にシェアされたり、コメントを戴いたりと、大きな反響があることをいいます。

バズる条件 その1

※その1とその2しかありませんが w

読者にとって役にたつ情報であること

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、ブログを続けていると、ついつい『日記的』なものになったり『個人的主張を述べているだけ』になったりしがちですよね。

有名人やアイドルの投稿なら、『私のすっぴん画像』とか『今日のランチの画像』などでも見てもらえますが、無名の、しかもオッサンの自撮り画像など誰も見たくありません。

↓こんなの(ちなみにこれは僕ではありません)

主張や私見なども同じです。学者や政治家の見解であれば興味ある人も大勢いるかと思いますが、無名の、しかもオッサンの自己主張など誰も聞きたくありません。

それに対し、

『一定数の人が興味を持っているけど、なかなか自分では調査、体験できない事柄についての情報』

『一定数の人が興味を持っている事柄について、これまであまり知られていなかった情報』

であれば、誰が書いたものであろうと関心は持たれます。

よくITコンサルの永江一石さんが

「あなたの代わり調べてみました」 という内容にすればバズりやすく、読者も増える

とおっしゃっていますが、その通りですね。

当ブログで人気の投稿ベスト3は!?

さてそれでは、実際に僕の投稿でバズった、というかこれまで累計で最もアクセスを集めたベスト3の記事を見てみましょう。

1位:通訳案内士試験の情報を掲載した記事

通訳案内士試験を受けてみた1 ~難易度は?料金は?そもそもどんな試験?~

2016/8月の投稿以来8911PV ※2017/7/16現在

こちら、実際に受験し、その感想や情報を投稿したものです。投稿した際は「誰も興味ないだろうな・・・」と思っていましたが、意外にも『通訳案内士』って関心度が高いと思い知らされました。2020年には東京オリンピックも控えているからかな。

2位:コーチングやメンタルトレーニングに関する書籍情報が満載の記事

【検証】コーチングやメンタルトレーニングは、うさんくさいマルチ商法や新興宗教なのか 2

2015/9月の投稿以来8908PV ※2017/7/16現在

こちらはコーチングやメンタルトレーニングの関連本を多数紹介した記事です。こちらも『コーチング』というものに対する世間の関心の高さを感じさせられました。

3位:コーチングスクールやセミナーに関する情報

【検証】コーチングやメンタルトレーニングは、うさんくさいマルチ商法や新興宗教なのか 16 ~しつこく勧誘されたり紹介を強要されたことは!?(3日目/連続6回)~

2016/4月の投稿以来2640PV ※2017/7/16現在

こちらも実際に僕が受けたコーチングスクールやセミナーについての情報を掲載しています。

今回の結論

どうでしょう。いずれも『あまり世間に知れ渡っている訳では無いけれど、関心を持っている人が多い事柄』についての『情報』だということがわかりますね。

しかもすべて、『実際に自分自身が経験、体験、もしくは取材したものである』ということも重要かもしれません。

今回のお勧め本

本記事内に登場した『永江一石』氏の著書です。氏のブログでバズったエントリーを集めたもので、IT関連だけでなく、情報収集の仕方、営業力の重要性など、参考になるエントリーばかりです。

僕の投稿が『バズった』というのとは文字通り桁違いの投稿が紹介されています。

永江一石のネットが面白くてナニが悪い!!: ブログ3年間でバズった59エントリー総まとめ